兵役を終えた韓国人労働者が毎年、日本へやってくる? 日本政府、日本人を守れるのか!



オシマサ です。


今回は素朴に思うこと。

そして、いささか礼を失した姿勢で

申し訳ありませんが

少々、語気荒げにお話いたします。





どうやら、日本政府は韓国に大盤振る舞いをして

日本人労働者の就業機会を奪ってまで

韓国人労働者を日本に受け入れたい様子。


これについて存念を吐き出したいかと思います。





はじめに

こちらの産経新聞の記事を見ていただければ

詳細はわかると思われますが

5年で1万人規模の流れで

受け入れるとあるのです。

韓国人の日本就職急増…2万人突破 雇用環境悪化で韓国政府も後押し、目標は「今後5年で1万人」
(産経9月7日)
https://www.sankei.com/premium/news/180907/prm1809070004-n1.html

ちなみに現状を見ると

韓国人留学生らの日本での就職者数は

昨年、初めて計2万人を突破

とあります。


日本政府はしっかりした考えがあるのでしょうか。


基本、野党はろくでもないクズのような連中

と思っていますが


自民党も日本人のことを真剣に考えているかどうか

怪しい風が吹いてきます。


今、フツフツと思い立つことが一つ。

それは韓国が徴兵制を持っていること。


つまり、件(くだん)の日本人の成年男子よりは

はるかに頑健でしょう。


そういう人たちを毎年、韓国から輸出されるように

受け入れて行けば

10年、20年後、日本は内部から

組み臥せられるのではないでしょうか。


要は乗っ取られるということ。

なし崩し的に、愚かな政治指導者によって

外国人参政権の付与がはじまり

日本は一巻の終わりへ!

荒唐無稽の話ではないと思います。


彼らは、武器の扱いも

少なくとも日本人の成年男子よりは

習熟しているでしょうし・・


もしかすると、自衛隊よりも上かもしれません。


何と言っても、50万人以上の陸軍大国です。

これを甘く見てはいけないでしょう。


そして、もっとも危惧する点は

彼らが反日教育を受けた集団であること。


日本人を貶め、傷つけることは愛国無罪として

賞賛される対象と見なしているかもしれません。


日本が地震の被害を受けた時は

「滅びろ」と拍手喝采する話も伝わるのです。

※ SNSにて過去、目に入れた。


その証左に、日韓のスポーツ交流において

野球であれば、グローブを踏みつけた!

サッカーであれば、ケリを入れた!


その種の話題はこと欠かないでしょう。


危惧するばかり。


さらに、これもね。





だから、政府は何が嬉しくて

行動しているのか、理解不能・・!


もし、将来、日本人が韓国人労働者によって

傷つけば、自民党の議員は責任を取って

腹を切ってもらいたいぐらいの気持ち。


本当にいいのか?


これら得体のしれない、妖怪のような議員団。

日韓議員連盟

日朝国交正常化議員連盟


拙としては何もなすことはできませんが

それでも、日々ウオッチして

政治家の姿勢を見続けたい・・かと。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ