好戦的な中国海軍、南シナ海で米艦艇に異常接近、いずれ何か起こすか?



オシマサ です。


今回は南シナ海でのできごと。


中国海軍の艦艇が

米海軍のそれに異常接近してきたことを

取り上げてみます。





報道で見られるものから、概要はこんな感じ。


南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島周辺で

先月、9月30日

航行の自由』作戦を実施していた

米海軍の駆逐艦『ディケイター』に向かって

中国海軍の駆逐艦が異常に近接したもの。


中国、・・北京政府はともかくも

南シナ海を対象海域

と考える中国海軍の軍人ほかは

異様に米国、米海軍に対し

敵愾心を持っているのでしょう。


あくまでも憶測ながら、衝突する日はあるのかも?


おそらく、今回の件で米海軍と言いましょうか。

米国は本気で対中の施策を

さらに進めていく考えになった!

と思うのです。


時事(4日)から引用

『11月の数日間に複数の艦船や航空機が

参加する演習を連続して実施する計画。』

とあります。


この考えに、当面、後退はないのでしょう。


ホント、気になる内容です。


日本もイカレタ野党の物言いなどにかまわず

真に日本と日本人のため、必要な防衛施策を

継続して講じて欲しいものです。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ