トランプ大統領の国連演説、北朝鮮に向けた『完全破壊』は強烈か!



オシマサの広場へ、ようこそ!


今回はトランプ大統領の国連演説をとあり上げる。

今朝から結構な盛り上がりというか

話題になっている。





まあ、確かに

『完全破壊』

北朝鮮がこれから心を入れ変えることができず。


〇 世界の国々と合わせて進めないなら

〇 米国とその同盟国を攻撃するなら


「容赦しないぞ!」

との威嚇とも受け取れるものだ。


今までのかの国の行為から考えれば至極当然か。


しかし、不思議なことに

一部には過激との声もあるようだ。


とはいえ、北朝鮮も今まで日本に向けて

同様以上の言葉を投げているだろう。


〇「火の海にしてやる」

〇「日本列島の四島を核で沈没させてやる」

・・とかだ。


さほど

米国、トランプ大統領の発言をやかましく

受けとめる必要はないと思う。


この演説にもう少し触れると

行う前に、北朝鮮の代表が退席したとある。


北朝鮮は抗議の意思を示したのであろうが

これでより印象深く世界に伝わったのではないか。


致し方あるまい。

それだけ、北朝鮮は悪いのだ。


また、今回、トランプ大統領は

拉致被害者の件にも触れている!


日本人が人権侵害を受けている!

と国連の場で強調している。


北朝鮮の非道さを国連でより強調するため

その材料とされた見方もあるが

それでも拉致を世界の問題点として

浮上させたことは意義があるだろう。


あとは日本側の姿勢一つと思う。


現時点では、拉致被害者救済への弾みになる!

と考えられるからだ。


そのため、この件では、今後、日本が

国連でのトランプ大統領の発言を受け

どのような行動を示すのか。


日本国内では、そちらに目が集まるのではないか。


特に、日本を敵視する

朝鮮総連をどのように扱っていくのか!

このあたりは注目か。


ただ

ここまでは日本にとって追い風的な面が多いが

当然、北朝鮮は反発するだろう。


同国の国連代表は退席したのだ。


ということは、このままでは済まないことを

暗示しているのかもしれない。


『完全破壊』・・だ。

北朝鮮のロケットマンは

「こちらも完全破壊!」

と、息巻いていることは想像に難くない。


その意味で

日本はより危険な状態に入ったとも言える

・・かも。


なぜなら

朝鮮が引く考えを示さない限り

いずれは衝突しかないと思われるからだ。


そこでだ。

日本人は意識して、相互に団結へ

この危難に立ち向かう気持ちを高めた方が

賢明ではないか。


もし、衆院が解散するのであれば

その時こそ、好機と捉え

北朝鮮と繋がる政治家を排除すべく!

国民の鉄槌を下すべきと。


北朝鮮の指導者クラスと同じ写真に収まる者

北朝鮮女性と破廉恥な形で写る者など。

言語道断であろう。


今回のトランプ大統領の国連演説内容を見て

このように捉える次第。


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ