百条委員会で証人をさらし者への思惑か? 小池都知事は豊洲新市場移転を都議会議員選挙の焦点にするのか? 安心とは何か?



豊洲 安心

オシマサの広場へ、ようこそ!

19日の浜渦武生氏、20日の石原慎太郎氏の証人
喚問に関して。

この百条委員会、そもそも何の意味があるのだ
ろう。
と言えば語弊はあるが、確かに事実確認等過去
のことで不明瞭な部分を明るくする価値はある
と思う。

だが、それと豊洲新市場移転の安全性云々で移
転できないことと「直」で関係することなのだ
ろうか。

俺のような貧者であり政治に関心はあっても詳
しくない者からすればだ。

私腹を肥やしたような悪党でもない限り、過去
の業務の実績が現在の事業の齟齬に起因するか
もしれないというだけで、さらし者にする必要
があるのだろうか。
と、単純ながらもそのように思うのだ。

1月20日の時点でだ。
東京都は豊洲新市場施設の安全を小池百合子都
知事に報告したとある。

また、同都知事も2月28日の都議会で質問を受け
安全の旨の公表をしている。

つまり、安全なのであろう。
であれば移転すればよいのではないか。

ただ、昨年の8月末から9月にかけて話題に上が
っていた4.5mの盛土のことがどうなったのか。
その点は気になるが。

その部分も含めて法に沿った対応ができている
のであればだ。
繰り返しになるが移転すればよいと思う。

むしろ、東京都の安全報告が1月20日にあった
にも関わらず2月28日まで公にされなかったこ
との方が妙な思いを抱かせるのだ。

早い話が怪しいということだ。

さらに、これは2月10日のことと思うが『築地
市場』から『豊洲市場』への移転延期に伴う業
者の救済、損失補償のためにだ。
総額50億円の平成29年度補正予算案を組むと発
表していた。(産経ニュースから)

しかも、必要に応じて追加の補正予算を組むと
の表現もあったと思う。

つまり、東京都は当初予算として組んであった
予算要求・執行事項であったものを崩すかもし
れないのであろう。

もっとも、東京都の予算にかつての大蔵省から
示されていたような節約率の概念があるのか。
その点は定かではないが、名称は違っても当初
予算の予備費扱いになる部分の優先順位はある
と思うのだ。

要するに切りしろに充てられる当初予算のダメ
になる順番の意味だ。

くどいが、当初予算である本予算執行計画の変
更が起きるかもしれないということ。

このことは、今、現在の豊洲新市場への安全性
が確認・報告されている段階において、多大な
過ちと思うが、東京都の偉い人達はどう思って
いるのだろう。

小池百合子都知事は安全性があっても、安心が
満たされなければダメなような表現も使ってい
たと思うが、そもそもその安心は何であろう。

本当は何が起きてもご自身に矛先が向かない!
それを祈念したような安心ではないのだろうか。

最近はそのように思えてくる。
もしそうならば、都知事職に立候補して就きた
いなどと行動しなければよかったのだ。

そもそもすべての仕事に順風満帆になるものな
どあるまい。

どこか難儀して、腐心しなければならないこと
もあるだろう。

前任者はじめ過去の人物が明らかに悪事を働い
た事実があるなら別だ。
そして、その詰め腹を切らされるというのであ
れば納得する部分もあるかもしれない。

しかし、そうではなかろう。
少なくとも今までの百条委員会で証人喚問を受
けた人物は私利私欲で動いた人物なのか。
そうではあるまい。

事業推進として将来への禍根を残す錯誤、過誤
が仮にあったとしてもだ。
さらし者にするだけの行いをしたとは思えない
のだ。
いかがであろう。

それよりも、豊洲新市場を都議会選挙の焦点に
しそうな現状の方がはるかに東京都民を冒涜し
怪しい行動に出ようとしている!
そのように見られても仕方がないのではないか。

まあ、冒頭でも触れたが政治家でもない俺など
が言葉にしても屁のツッパリにもならんだろう
が、今の小池百合子都知事の姿には残念としか。
言いようがない。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

豊洲 安心


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ