『決められない』小池百合子都知事は「都民ファーストの会」代表就任! だが自民党を安全牌に、除名で支持率上昇も? 詰めで『離党』?



決められない 小池百合子

オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は小池百合子都知事の支持状況から考える。

まずはこれから。
6月 1日の「都民ファーストの会」代表への就任!
今になってこれはなぜ?

と、大上段に振りかざしてみたがほとんどの人は
察していると思う。

「都民ファーストの会」への支持盛り上げだろう。

調査機関は違うが、小池百合子都知事への支持は
下落傾向に見えるのだ!

そのためのテコ入れであろう。

そこで、いずれも産経ニュースに表れていたもの。
これを引用すると下表のようになる。

【産経・FNN合同世論調査】
3月18日、19日実施
4月17日実施か。

【共同通信社の電話世論調査】
5月28日実施か。


小池百合子都知事支持率

 3月  79.3%
 4月  70.5%
 5月  63.0%



数字は如実に物語る。
ひと月ごとにめくり見比べるだけなら。
大きな変化はないかもしれない。
だが、二カ月の幅で見ると違いは明瞭だ。

調査機関が違うとは言え 3月と 5月で 16% の
下落が見られるのだ。
単純に見ても勢いは衰えた!と思えるだろう。

そして、このペースで進めば。
6月23日都議会議員選挙前は 50% 前後かもしれ
ない。
これは危機と捉えるだろう。

また、同都知事支持者で「都民ファーストの会」
候補者への投票を考慮する者は 17% なのだ。


63%支持者の投票方向

 都民ファーストの会  17%
 自民党  15%
 公明党  6%
 共産党  5%
 民進党  3%
 方向定まらず  48%



これは同都知事から見れば、意外だったかもしれ
ない。
「ありゃりゃりゃ・・」ってな感じか。
もう少し「都民ファーストの会」の支持度は高い
と思っていたかもしれない。

下世話な言い方だが「ヤバイ」であろう。

ここで小池百合子都知事の頭に閃くというか。
都議会議員選挙後を考え二つの焦りに似たものが
生じたのではないか。

一つは「都民ファーストの会」を拡大・上昇基調
に乗せないといけない。
もう一つは自身の好感度・支持率を保つためには
どうすべきかとした思いであろう。

これらの背景から代表就任に就くことにしたので
はないか。

もっとも、その思いはずいぶん前からあったかも
しれない。
ただ、できるだけ先送りにしたいと考えていたと
思う。
自民党を確実に凌駕できる時に・・と。

その意味では現状は計算違いの姿か。

話を戻す。
そして、小池百合子都知事は考えたと思う。
「『都民ファーストの会』は私の顔で少しは行け
るでしょう」・・と。

だが、それも同都知事への支持状況で変わる!
それは承知しているはずだ。
高ければ代表就任で「都民ファーストの会」の株
は上がるだろう。
だが、下落傾向が進めば。
「都民ファーストの会」とともに沈む・・と。

そこで取るべき秘策がこれだ!
長い間温めてきたと思う。
「それを使う時が来た!」と捉えたのだろう。

それは悲劇のヒロインを演じ好感を得ること。
こう言うと大げさだが世間から。
「この人、応援しなくちゃ!」という思いを
get・・掴むことだ。

では、どうするのか。
自民党から破門してもらうのだ。
つまり自民党から除名されること。
これで世間から「お気の毒ね」と映ることを期待
しているのだろう。

多くの人は「出でけ!」となれば。
このように受け止めると思う。
「自民党って、ひどーい」
「除籍って自民党の嫌がらせ」・・等々。

そこで一人よりは二人の方がさらに効果が高まる
と思ったのかどうか。
その点は不明だが、若狭勝氏にも指南したと思う。
「アンタもやってきな!」と。

ゆえに、同氏もだ。
「『進退伺い』でお願いしまっせ!」となった!
そのように捉えるのだ。

しかし、この勝負というか。
『自民党』対『小池百合子都知事プラス若狭勝氏』
の我慢比べのことだが。

これは先に吠えた方が負けであろう。

まして自民党は「自分のことは自分で決めなさい
と言っているだけにすぎない。
だから、自民党は泰然として腕を組み相手を見て
いればよいのだ。

そもそも、今回は二足の草鞋の方が分が悪い!
世間は「いったいどっちなんだ?」ということに
なるだろう。

選挙期間が近づき、選挙に突入すれば。
声は必ず高まると思う。
「自民党なのか?」
「『都民ファーストの会』なのか?」
「はっきりして!ずるいよ」

良識ある人はそうなるだろう。

ただし、自民党はヤジはじめ失言に注意すべき。
それがあるとすべてを失うかもしれない。
足元を掬われないようにご用心か!

ともかく、都議会議員選挙は「決められない!
これが合言葉になるかもしれない。
ただし、俺が言っているだけ。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

決められない 小池百合子


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ