都議選、自民党惨敗も痛い! 日本第一党、NHKから国民を守る党の落選も惜しい! 「都民ファーストの会」は見限り組から割れる?



都議選 日本第一党

オシマサの広場へ、ようこそ!

東京都議会議員選挙は終わり。
そして結果がでた!

自民党、23議席の惨敗へ!

 都民ファーストの会  49
 公明党  23
 東京・生活者ネットワーク  1
 小池都知事系列の無所属  6
 民進党  5
 共産党  19
 自民党  23
 日本維新の会  1
 諸派・無所属  0

これは、マスコミというか。
報道・メディアの恣意的な姿勢の影響も大きい!
とは思うけど、自民党もだらしないのだろう。

選挙戦中に妙に内部のことを悪く言ってみたり。
(石破茂氏の「俺はいい子だぜ!」のようなふり)

怪しい身内を庇った発言をしたり。
(河村建夫氏の豊田真由子氏を庇う発言。)

さらに事務所に横領とかした悪い奴がいるなら。
すぐに刑事告訴するなりの対応を言えばよいのに
妙に温情かけたような姿勢で記者会見に臨んだり。
(下村博文氏の記者会見時の説明。)

もっとも、下村博文氏の場合は貶められた被害者
である。

とにかく、自民党は何かと。
中途半端な頼りない姿を見せた続けたことも要因
だろう。

逆に「都民ファーストの会」の場合。
その候補者たちはともかく。

小池百合子都知事のように報道・メディアに立ち
向かうような強気の姿勢。
こちらの方が、ウソ・インチキくさく、何をしで
かすかわからない危険性はあっても。
強気の姿勢ゆえに、まともに見えてくるのだ。

それゆえ「親分がそうなら、子分もそうか」と。
都民は支持をしたのではないか。

だが「都民ファーストの会」の議員経験者の多く
は保身のために自民党、民進党を見限った者たち
が多い。
その他は政治未経験者と聞く。

選挙が過ぎれば自ずとその正体を現すだろう。
もともと当選するだけに集まっただけなのだ。
割れることは充分に考えられる。

割れればその心中穏やかならぬこととなり、当然
生きるための道を模索するのではないか。

おそらくは見限り者、裏切り者ゆえ、その行く末
も同様のことと思われる。

だが、今しばらくはこのままで続くのだろう。
できれば早く割れて、都政の弊害が極限化される
ことを望みたい。

ところで、一方、新しい動きもあった。

〇 日本第一党  岡村みきお氏
〇 NHKから国民を守る党  立花孝志氏

この両党、両者は、昨年の都知事選挙でも同様で
あったがテレビに映ることがない。
このハンデは大きいと思う。

よほど意識して候補者一覧を見て関心を持たない
と目に留まることはないからだ。

それゆえか、結果は落選であった。
だが、徐々に世間への浸透度は高まりつつあるの
ではないか。

そして、「都民ファーストの会」は改革を隠れ蓑
にした保身と利益集団なのだ。

自民党の既存政治と異なることは認めるが、よき
方向に向かうとは言い切れまい。

いずれ個々の利益追求において相容れない部分が
生じ、都政をはじめ混乱の社会が生まれるのでは
ないか。

その時こそ、これら両党が大きく活力を得るよう
に映るのだ。
今後の新たな動きに期待したい。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

都議選 日本第一党




 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ