東京都議会議員選挙に向けて動く「都民ファーストの会」を見て! その母体、公認候補数、公約(豊洲移転含む。)から思う!



都議会 都民ファースト

オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は「都民ファーストの会」の最近の動きから
思う。
その前に東京都議会議員選挙の日程を見る。

告示日までひと月を切っている。

 告示日  6月23日
 選挙(投開票)日  7月2日

※ 東京都選挙管理委員会ホームページから。

これからは加速度的に各党・会派の動きは慌ただ
しくなると思う。

その中で「都民ファーストの会」は民進党の見限
り組を含め、最大勢力を築けるように取り組むの
だろう。

何せ、公約に豊洲の件がないのだ。
(これはアトでも触れる。)
選挙終了後、これに関し議会の反対派を封殺する
ために連携であれ何であれ。
過半の最大勢力を目指すことは想像に難くない!

だから、あえて選挙の争点にする気がないのかも
しれない。
また、選挙後「触れさせはしないから!」程度の
自信があるのかもしれない。

とにかく、現在の都議会の会派の構成数を見ると
こうだ。

 東京都議会自由民主党  56
 都議会公明党  22
 東京改革議員団  18
 日本共産党東京都議会議員団  17
 都民ファーストの会 東京都議団  5
 都議会生活者ネットワーク  3
 無所属(深呼吸のできる東京)  1
 無所属(東京みんなの改革)  1
 無所属(日本維新の会 東京都議会)  1
 無所属(新風自民党)  1
 無所属(都民塾の会)  1

そして、都民ファーストの会 東京都議団の内訳を
見るとこのとおりとなっている。

 山内晃  品川区
 おときた駿  北区
 上田令子  江戸川区
 両角みのる  八王子市
 木村基成  小金井市

※ 敬称略
(東京都議会ホームページから。)


5名の議員。
また、山内晃、木村基成の両氏は「新風自民党」
からの鞍替えである。

仮にこの 5名が次の都議会議員選挙に立候補(立
候補するだろう)し、当選すると当て込んでも。
都議会の過半に達する候補者をどれぐらい用意で
きるか。
それは喫緊の課題であろう。
(だが、5月23日現在粗方の答えが出ていた。)

今、都議会の議員定数が 127だ。
すると、その過半は最低 64 となる。
その中には議事進行の議長とかもいるだろう。
議事運営のためにはもう少し必要なのかもしれな
い。

とにかく、現在の勢力 5人が当選するとしても。
あと60人程度は候補者として必要と考えているか。
考えるのだろう。
もちろん、憶測ではあるがそのように思える。

ただ、既に過半の意気込みはあっても現実は困難
との思いからか、公明党他との連携も進んでいる
ようだ。
であれば、現実的な数値はどのように考えるのか。
それによって自民党との争いの形も見えると思う。

と、頭の中をかき回していると。

俺が考えるまでもなく、動きは進んでいた。
産経ニュースの記事に出ている。

「告示まで1カ月 230人が出馬へ…
小池百合子知事、支持勢力『過半数確保』が焦点 
自民は豊洲と五輪で攻勢」
(産経ニュース 5月22日)

公認候補者数は同記事から数値を頂戴した。


公認候補 5月22日現在

 東京都議会自由民主党  60
 都議会公明党  23
 日本共産党東京都議会議員団  37
 都民ファーストの会 東京都議団  45
 東京改革議員団(民進党)  21

産経の記事を見てもそうだが、今まで多くの報道
・メデイアから表れていたように「都民ファース
トの会」と公明党の蜜月状態は際立つようだ。

公明党23人の推薦を「都民ファーストの会」が行
っているとある。
また、公明党も同様の動きがあるようだ。

しかも、「都民ファーストの会」は民進党を離党
した10人も推薦しているとあり民進党の色も浮き
上がるようだ。

奇妙奇天烈である。
また、同種のことがもう一つある。
東京改革議員団だ。

これ確か 2月頃になんとなくできたように感じて
いたが、事実上民進党と見てよいだろう。

現有議席数は 18 とあるが議員さんのお名前から。
さらに先ほどの産経ニュースに民進党候補は 21人
に減じた表現があったのでこれが該当すると思う。

であれば、何か、在日韓国人の「通名」のようで
もある。
何か不思議だ。

ただ、離党者もそうだが東京改革議員団の面々は
民進党の看板では当選できない!
それは感じているのだろう。

しかし、民進党が民進党であることを具合が悪い
と思うならば自己改革すればよいとビットが立つ
のだが、その動きは見られない。


話が民進党に寄ってしまった。
今回のスポットは「都民ファーストの会」だ。
戻ろう。

ところで、選挙に臨む形が粗方見えたところで。
知りたいのは公約だ。

これもだいたい出そろっているようだ。
ただ、毎日補償費が発生している豊洲市場移転
の件。

これを喫緊の課題にほとんどの党・会派は掲げ
ているが「都民ファーストの会」は触れず!

JIJI.COMに表れているものから、大きく見ると。
こんな感じか。


豊洲移転

 自由民主党  早期移転
 公明党  安全対策を実施し移転
 日本共産党  築地市場を再整備
 都民ファーストの会  なし
 民進党  追加対策や情報公開で移転

「都民ファーストの会」、少なくとも豊洲移転に
関して、ゴーストのようだ。
とにかく「なかったことにしたい」無視したい?
そのように見えてくる。

しかも、日本共産党(以後、共産党と呼ぶ。)は
築地再整備なのだ。
これでは選挙終了後、「都民ファーストの会」は
共産党とすり合わせができるのか。

すでに共産党も仲間のようだが他の仲間の公明党
と民進党は豊洲移転と言っている!

これでは築地の業者さんが気の毒。
また、補償費の流出も長期化で一般都民も気の毒
であろう。

先読みすれば、このアト誰を悪者に担ぐのか。
何とも先が見えない事態になりそうだ。

ということで、「都民ファーストの会」を軸に。
彼らの周辺を含め眺めてみたが、今後もますます
奇々怪々の様相は変わらないだろう。

ともあれ、この怪しさに関し今後もウオッチした
いものだ。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

都議会 都民ファースト


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ