東京都知事選立候補の小池百合子氏・・自民党の東京都議連事務局に推薦願い取り消し! 韓信の背水の陣か?



今夜は参議院選挙開票推移を見つつ
この方の動きも見逃せない。

小池百合子氏は報道によると今夜(10日夜)

党本部の東京都議連事務局に推薦願の
取り消し依頼を提出したとのこと。

どうやら、自民党東京都議連をバックにして
東京都知事選を戦うことは断念した模様。

ただ、それでもなんとなかなる!
・・という自信があるのかもしれない。

同氏のTwitterも見た。
この方もとてもわかりやすい。

 「都議会のドン」や
 ひと握りの幹部による
 都政運営を改め
 都民のための
 「東京大改革」を
 進めます

そうだ!そうだ!やれ!・・という感じか。
現状維持はない。

時代に応じて変えていくところは
必ず生れていると考えるべきだ。

日々安穏ぬくぬくとしている者がいるならば
諭すか、排除するか。

それなりの対応は必要であろう。

ともかく、つぶやきから竹をパシッ!
と割ったような感じでよいのではないか。

何でもそうだが何か問題意識を持てない人物に
大業を託したところで、どこかにおもねるか
自らの私腹を肥やすことにしか頭が回らない!
・・だろう。

そんなことと基本無縁に見える同氏の
このような動きはかえってすがすがしさを
覚える。

他にも都知事候補に期待する候補者が
いないわけではない。

だが今はそれは横に置き、本日10日の
小池百合子氏の退路を断ったこの行動
・・英断と思う。

女性の同氏に向ける言葉として、いささか
配慮にかけるものかもしれない。

が、かの「韓信のまたくぐり」のように
「忍」の面も持ちつつ、実戦では「背水の陣」
これで臨むところは、真に力強い姿に見える。

安全なところに身を置いて、配下の者を
動かすようなことはしないであろう。

そのようにお見受けする。

また、僭越ながら自民党を離党するなど
ということはしないのではないか。

確かに、現在、自民党都連とはすれ違いの
部分はあるようだ。

しかし、自民党本体、現政権中枢とは
特段確執はないと思うからだ。

もちろん、根拠はない。
俺が思うだけだ。

ただ、政権、政府関係者、内閣官房から
都知事の選出について大きな声は出て
いない様子。

意外と安倍総理は小池百合子氏が扱いやすい
接しやすいと考えているのではないか。

(表現は不適切かもしれないが)

どうだろう。

それに、現実に小池百合子氏が都知事に
なった場合、かつて自民党が下野する前の
安倍政権時、防衛大臣になっていた経緯も
ある。

それも考慮すれば、政府と東京都の意思の
疎通はよくなるかもしれない。

少なくとも相談・調整はしやすくなるように
見えるが、どうであろう。

まあ、いろいろと門外漢の俺の頭の中では
言葉が蠢いている。

ともかく、積極的に身を動かす人物は良きかな!
と思うところ。

今夜もとりとめもないがここで終わる。
オシマサ・・かく思う。

(再見)

追記 2017.9.2

俺、この方、当初よく思っていたんだよねえ。
石原慎太郎氏をなぜか、強烈に攻撃し始めたところ
から「あれっ」と思い出したのだ。

あとは豊洲か、何となく辻褄合わせのような感覚で
言葉を並べたところから、反発心を持ってしまった。
だが、今、すべからく悪く思うわけではない。

関東大震災時の朝鮮人犠牲者への追悼文に関して。
その対応は賛同だ。
やはり、歴史的根拠の乏しいものへ東京都が理解と
受けとめられることは避けるべきだろう。
朝鮮人犠牲者数のこと。

就任 2年目だが、今後も関心を持って見たい人物で
ある。

(追記終る)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ