都知事選開票結果、小池百合子氏は注目だが第5番手につけた桜井誠氏も目を見張る!



オシマサの広場へ、ようこそ!

東京都知事選挙は終わった。
そして、8月の日めくりが始まる。

残念だったなという思いと。
まずはこのあたりで落ち着いてよかったのか。
と、受け止めたりしている。

とにかく、得体のしれない人、叩けばいつまでも
ホコリが出るような人が知事になることなく。
最悪の事態は免れたような受け止めだ。

そもそも、小池百合子氏が東京都知事選へ立候補
に意欲を明らかにした際は、大いに期待感を持っ
た。

だから、当選が確実との報道があった際。
まあ、やっぱりそうなるかな!と。

しかし、アト付けながらも。
同氏の外国人問題に関する解決意欲は色が薄い!
と感じ始めると、桜井誠氏の主張に大きな興味を
抱き、こちらにも傾倒するのだ。

ということだが、今回の選挙を俺の感じるままに
振り返ってみる。

まずは、報道を通じ承知した選挙の結果。
そこにはテレビ・メディアに登場する顔が、上に
来ている。


7月31日 候補者獲得投票数

 候補者名  獲得投票数
1  小池百合子 2,912,628(44.5%)
2  増田寛也 1,793,453(27.4%)
3  鳥越俊太郎 1,346,103(20.6%)
4  上杉隆 179,631(2.7%)
5  桜井 誠 114,171(1.7%)
6  マック赤坂 51,056(0.8%)
7  七海ひろこ 28,809(0.4%)
8  立花孝志 27,241(0.4%)
9  高橋尚吾 16,664(0.3%)
10  中川暢三 16,584(0.3%)
11  山口敏夫 15,986(0.2%)
12  岸本雅吉 8,056(0.1%)
13  後藤輝樹 7,031(0.1%)
14  谷山雄二朗 6,759(0.1%)
15  武井直子 4,605(0.1%)
16  宮崎正弘 4,010(0.1%)
17  望月義彦 3,332(0.1%)
18  山中雅明 3,116(0.0%)
19  今尾貞夫 3,105(0.0%)
20  内藤久遠 2,695(0.0%)
21  関口安弘 1,326(0.0%)

※ 敬称略(合計21名)

報道を見るとこうなっている。


そこで俺が目にとめた候補者はこちら。


小池百合子 氏

基本、勢いで疾走した感じだ。
公約もそれ相応のものもあるようだが。
しかしあまりピンとこなかった。

早い話、小池百合子氏が都知事になったらだ。
具体的に都民はどのような恩恵を受ける?

あるいはどのような改善点を得る?
というようなことが
少なくとも俺には漠然として見えた。

ただ、新宿の学校跡地の韓国学校への貸し出しに
関し、それを白紙にする。

この 1点はうなづくものがあった!と言える。

そもそも、小池百合子氏の過去歴で防衛大臣の際
当時の事務次官を更迭したその辣腕に注目か。
当時の報道は結構にぎやかな扱いではなかったか。

大臣就任直後の行動、しかも防衛大臣在任期間の
2カ月で成し遂げたのだ。

それがゆえの2カ月の短命とも言えるが。

その意志の強さと行動力は他にはなく。
当時は光って見えたと思う。
(当時の報道・メディアから伝わるもの。)

だから、当初、舛添要一氏のアトの都知事候補に
立候補したとの報道を見た時は、来るべきものが
来たか!

という感じを持ったことに偽りはない。

また、獲得票数を見て小池百合子氏の人徳、人柄
もちろん実力によるものが多であると思う。

一方、自民党の当初の対応もよくなかった。
これも合わさるのかもしれない。

当初、小池百合子氏は自民党に推薦願を出してい
たとある。
それにもかかわらず。

参議院選挙の後まで出し渋ったりするイジワルな
自民党オジサンぶりを世間にさらしてしまった!

結果、判官びいきのような感覚を呼び起こしたの
ではなかろうか。

そもそも女性を困らせる男はモテナイだろう。
それと同じだ。

仮にその女性が男性以上に強いとあっても。
世間はそんなことを「知らん!」のだから。

と、縷々(るる)勝手に言葉にしている。
だが、俺は途中、次のように考えるようになった。

東京都知事になった際の明確なビジョンは何か。

それは都民の生活にどう反映されるものなのか?
それがわからなかった。

その点が東京都知事選に関し小池百合子氏に興味
を失うところだ。

それと相前後して、桜井誠氏という人物の立候補
の話題が出てくる。

そもそも桜井誠氏の詳細はわからない。
が、2014年に単身大阪市役所に乗り込むや当時の
大阪市長とやりあった!
それは知っていた。
(当時の大阪市長は橋下徹氏)

この人物も行動力のある人に見えたのだ!
書籍。動画等からも単純にそう思えた。

そして、その主張。
いわゆる公約7項目だ。

今回の21人の立候補者の中で都民に限らず。
日本人としての日々の生活に関わる内容に触れて
いるのはこの人しかいない。
そのように見えたのだ。

他に挙げるならば立花孝志氏か。


ともかく、小池百合子氏は東京都知事へ。
今後は知事としての一挙手一投足に注目したい。

選挙期間中に、興味を失った俺が言うのも変だが
知事になった以上は、かつて見せた行動力に期待
したいものだ。


桜井誠 氏

東京都知事選を通じ、桜井誠氏の意志力、精神力
そして、同氏を支える人的な厚みを感じた。

獲得票数は11万強であり、21人の中では5番目。

上位4位、4番目まで何らかの形で報道・メディア
に取り上げられていた。

それを考慮すると、マイク一本で聴衆と向き合い
マイクを通じ伝える桜井誠氏の言葉で獲得した票。
それは純粋に有権者の思いであろう。

俺も、赤羽、新小岩、秋葉原へ追いかけた!
追っかけマンのようだ。

そして、気づいた。
桜井誠氏の演説を聞くために集まる人々の数。
それは増えているのだ。
日に日に増えていくように思えた。

在日外国人には、桜井誠氏の語る既得権益を剥が
されることになるので不愉快に感じると思う。

しかし、日本人であればだ。
桜井誠氏の言葉は何も不思議なことではなく。
当たり前のことを言っている。
と受け止めるだろう。

何よりも具体的に将来の展望を語っている。
その部分がよかったのではないか。

必要ではないところから本当に必要なところへ。
回すだけのことであろう。
至極まっとうな話に見える。

簡潔明瞭な内容の街頭演説だ。

来年の 6月、東京都議会議員選挙があると聞く。
必ずやその時に何らかの行動を起こすのだろう。
期待とともに注目している。


その他の候補者の皆さん

よき意味で印象に残ったのは立花孝志氏。

立花孝志氏は別の稿でも触れているが、ともかく
社会の問題点にエネルギシュに立ち向かっている
姿が素晴らしいと思う。

もし、報道・メディアが取り上げていたら。
かなり賛同する有権者がいたのではないか。

NHKは立花孝志氏が同局を批判するため、取り扱
わない傾向が大に見える。

しかし、優れた人物に見えるのだ。
もっと、知られるべきであろう。

アト、増田寛也氏は正直よくわからない人だ。
なぜか突然登場した感じか。
しかも、立候補の時点でツボをはずしている。

それはここだ。
舛添要一氏が新宿区の学校跡地をトップダウンで
韓国学校の用地に決める!
それを含んで韓国傾斜がはなはだしいこと。
これに関し東京都民の大半にしろ一部にしても。
批判をしていたのだ。

それにも関わらず、韓国人を含む外国人参政権の
容認をチラつかせたり的外れの発言が際立った。

トンチンカンなオジサンだった。
ただ、報道・メディアが大物のように扱ってくれ
た。
そのおかげで、ソコソコ体面を保てる程度の票は
入ったようだ。

基本的に隣に住むオジサンとしてはよいかもしれ
ない。
だが東京都知事としては赤信号が灯る。
・・と思う。

続くは鳥越俊太郎氏だ。
保守分裂と言われる中で3番目の得票数だ。

よくもまあ、今まで紳士面してきたものだと思う。
女性にだらしないというか。
女性に無理を強いようとした報道が表れるに至り
「人としていかがなものか」ではないか?
週刊文春の記事だ。

こういう人が天下国家を語る社会に。
絶対にしてはいけない!と確信するのだ。

とにかく、野党は情けない人物を統一候補として
持ち上げた。
また、一連を通じ野党の行動のオカシサと鳥越俊
太郎氏の人間を暴いた選挙になったのであろう。

民進党の岡田克也代表も不思議な人だ。
選挙前日に代表選云々の話など。
しなければよいと思う。

すべてが狂っている!
そのように見えるのだ。



残りの方々に関し何も知らないので残念ながら。
言葉を持たない。

良いことも知らないが悪いことも知らない。
というところか。

それにしても、くどいようだが報道・メディアは
政見放送以外にも候補者をえり好みせずに露出の
場を設けるべきとあらためて思う次第。

俺、オシマサ、かく思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ