都知事選候補者、桜井誠氏の秋葉原電気街口の街頭演説を聞き、同氏の魅力を考えて見た!



今回も選挙の話題にて。

ところで、いきなりではあるが、俺は
東京都知事選挙の個別の候補者の応援のため
このブログにその名前を挙げているわけではない。

ただ、俺が関心を持つ候補者を挙げているだけだ。

結果は同じではないか。
という人もいるかもしれない・・が。
まあ、そういうことであり、そうなのだ。

と、冒頭から乱暴な書き込みになってしまった。

今日、7月30日夕方から秋葉原電気街口において
桜井誠氏の街頭演説があるとのこと。

しかも、複数の弁士が前座(?)を務めるとあり

いろいろとそれぞれの桜井誠氏を応援する思いを
語ってくれそうだ。

ということで、もうしばらくしたら出かけよう
と考えている。

しかし、なんだろう?
この方の街頭演説を聞きたくなる理由は?
と、自分自身に問いかけ、答えを出してみたい。

それは、いわゆる魅力であろう。

一番はこれだ。

 本音を語っている

だからわかりやすい。
論点を把握し易いということか。

次にはこれだ。

 飾りのない平易な言葉

気取りがなく、話し手である桜井誠氏との
距離感をあまり感じさせないところか。

日常生活の中の会話に準じた形で
受け止めることができる。
これが良いのだろう。

さらには、いわゆる庶民派、草の根運動
・・ともいうべき存在感があるということだ。

そして、最大のポイントはこれであろう。

 公約の7項目

・・だ。


1

 行政裁量の範囲で
 都内に在住する外国人への
 生活保護費の支給を停止し
 生活保護の受給者は
 日本国民に限定にします



2

 都内の不法残留者を
 4年間で半減させます



3

 日本人に対し外国人が
 虚構の歴史に基づいて
 責め立てる
 いわゆる反日
 ヘイトスピーチ
 禁止条例を制定します



4

 税の公平性に反し
 減免されている総連
 民団の中央本部
 及び関連施設への
 課税強化を図ります



5

 違法賭博パチンコに対し
 規制を実施します



6

 韓国学校建設については
 中止します



7

 改めてコンパクト五輪の
 意義を考え
 現行の東京五輪案の改善を
 図っていきます



特に、1から6番目までの公約事項は
日本人、東京都民に身近な生活圏内の話。

同時に、その気になれば実行可能な公約
であることが大きいと思う。

これによって、多くの人々が普通に生活する
上で、今まで見えなかった問題点を知る
ことができた。

かつ、同時にそれらが将来への怖れ、危惧の
念を抱かせるに十分と気がついた。

このことは重要であろう。

というわけであるが時間が押し迫ってきた。
続きはのちほど・・。

それにしてもTwitterを見ると午前中の
同氏の街頭演説は新宿において
共産党の妨害を受けたとある。

直接見ていないので、その規模・内容は
何とも言えないが。

ともかく、メディアは桜井誠氏を黙殺しても
このことから野党は無視できない状態に
追い込まれているようにも見えてくる。


まずは、秋葉原に行ってくる。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ