宇都宮健児氏は鳥越俊太郎氏に譲り、都知事選立候補取り下げ! 日本記者クラブは小池百合子氏ほかといびつな会見か?



結局、13日の夕になって
野党4党の統一候補の鳥越俊太郎氏に譲る形で
宇都宮健児氏が東京都知事への立候補を
取り下げた模様

ただで降りたというと下卑た表現だが
もしかすると当選の暁には副知事のポストが
あるのかもしれない。

それならば、自らの考えを政策に反映する
こともできると踏んだのか?

本当のことはわからないが、異次元空間を
さまような話にも見える。

さておき、今までの報道で見られた動きを
整理してみるとこういうものになりそうだ。

今日の報道、・・日本記者クラブで
共同記者会見があったようだ。

取りあえずと言っては失礼だが
公約めいたことを語っているようだ。

バックに政党を持っていると世間から
チヤホヤ(?)される。

ともかく、次の4名の名が連なっている。

《7月13日共同記者会見参加者》

 候補者名  所属等  肩書き等
 小池百合子  自民党希望  元防衛大臣
 増田寛也  自民党推薦?  元総務大臣
 鳥越俊太郎  野党統一  ジャーナリスト
 宇都宮健児  無所属  元日弁連会長

※ 敬称略

話の節
1 候補者各位の思い(公約?)
2 当選後の喫緊課題への考え
3 結局・・立候補者は?

候補者各位の思い(公約?)

なぜ、4名だけの記者会見になったのであろう。

こういう候補者4名だけになる記者会見が
印象操作に見え、ちょっといやらしい!
・・ということをまずは付言しておこう。

そして、どうやって選ばれたのかわからぬが
記者会見で語った4名の言葉あるいは
それから伝わる意図を拾い上げてみる。

どこまで行っても報道等の最大公約数的なものに
ならざるを得ないので100%「的を射たもの」には
ならないと思うところ。

しかし、おおよその傾向はわかるのではないか
・・と考えている。

まずは最初にこれ。


開口一番とされるもの


小池百合子

 【東京大改革】
 5輪オリンピック運営の適性化
 行財政改革

※ 敬称略



増田寛也

 都知事の任期中の辞職による
 混迷の終止符

※ 敬称略



鳥越俊太郎

 がん検診受診率100%

※ 敬称略



宇都宮健児

 社会保障の充実

※ 敬称略

鳥越俊太郎氏はいきなり各論に突入だ。

もっと東京都政、都民のために大きく包み
込む、そうした施策を聞きたいものだ。

そもそも立候補することだけが頭にあって
大事な政策、議会対策等の部分は何もない
のかもしれない。

都知事選挙に立候補しなければ面白い
風変わりなジャーナリストで済むのだろう。

しかし、この記者会見の場では「バカ」か?
と、思った人もいるのではないか。

また、ほかの3名の方は実行の可能性を具体的に
つかんで発言しているのか。

本当のところはわからない。

おそらくは、まずは無難に万民が「なるほど」と
うなづきそうな言葉を語っているようだ。


続いてはこれ。


立候補の動機等に関するもの


小池百合子

 都議会解散
 前都知事の不信任状態

※ 敬称略



増田寛也

 東京一極集中批判
 東京と地方の共存共栄

※ 敬称略



鳥越俊太郎

 憲法改正勢力が3分の2に
 危機感を感じた

※ 敬称略



宇都宮健児

 立候補降りる意思はない

※ 敬称略

必ずしも記者の質問に答える必要はないかも
しれないが、ちょいとチンプンカンプン?
まともに質問に答えた候補者はいない様子。

なんとなくうなづけるというところか。

ただ、宇都宮健児氏の気持ちはわかりやすい。
同氏の胸中は腹立たしいものがあるのであろう。

「鳥越氏の政策は聞いていない」
「都知事選は政策論争が中心になるべきだ」
との発言もあるからだ。

当選後の喫緊課題への考え

ここでも4名の言葉あるいはそれから伝わる
意図を拾い上げてみる。

いくつかあるものから目立ったものを挙げる。


2020年の5輪オリンピックに対して


小池百合子

 たばこフリー(禁煙)を
 東京大会で踏襲

※ 敬称略



増田寛也

 強力な執行体制を作る

※ 敬称略



鳥越俊太郎

 国際的に
 輝かしい美しい都として
 アピールしたい

※ 敬称略



宇都宮健児

 経費を局限化し
 税金を都民生活へ反映

※ 敬称略

どうやら、増田寛也氏は執行体制は
できていないとお考えのようだ。

舛添要一氏の頃には同氏のワンマンさが
際立ってできなかったと言いたいのかも
しれない。

鳥越俊太郎氏の語っていることは
5輪オリンピックでなくとも良いとは思うが
まあ、そういう風に考えているのであろう。

他の方々は無難に卒なくこなしている様子。


都政の正常化へ


小池百合子

 知事と都民の関わり透明化

※ 敬称略



増田寛也

 知事は動向に関し情報公開
 緊張感の維持

※ 敬称略



鳥越俊太郎

 議会とメディアが
 権力者をチェックする

※ 敬称略



宇都宮健児

 都政チェックの都民評議会
 行政独立機関の設置

※ 敬称略

小池百合子氏、増田寛也氏は実行の
可能性のある内容を語っている様子。

鳥越俊太郎氏は神なのか?
何を語っているのかわからない感じだ。

メディアによるチェックとあるが
メディアに属する人間は皆、聖人なのか。

曇りの1点もない人間が揃っているのか?
「冗談じゃない」という感じだ。

10日夜の選挙報道番組にて、安倍総理に
質問をしていた不遜な態度の報道関係者を
思い出す。

とにかく、民意も何も持たない者が
チェックなんて・・おこがましいと思う。

それは俺だけか。
いささか興奮してしまった。Calm down.

宇都宮健児氏・・今回、共産党の支援を
得ることができないようだ。

としても、思考は完全に共産党だろう。

都民評議会や行政から独立した強力な権限を
持つオンブズマンとは何なのか?

入らぬ組織と人を増やし東京都の財政を
窮乏化へまっしぐらにしたい?

この考え方は文句だけ言う人間を増殖させる
だけと思うがいかが・・と思うのだ。

いずれにしてもこのあたりの考え方を聞くと
4名の違いがよくわかる。

さらにわかるのがこれだ。


安倍政権への評価


小池百合子

 成長戦略実現の東京
 女性が輝く社会へ

※ 敬称略



増田寛也

 アベノミクスは道半ば
 非正規雇用を含め
 同一労働同一賃金へ

※ 敬称略



鳥越俊太郎

 戦後最悪の内閣

※ 敬称略



宇都宮健児

 アベノミクスは失敗し
 国民の生活は苦しい
 貧困格差の広がり

※ 敬称略

このあたりの分野は選挙戦で分裂とはいえ
与党側は分別をわきまえた(?)表現を
しているようだ。

とにかく、与党側の2名はあたりさわりなく
言葉を選んでいるように見える。

特に、小池百合子氏は安倍総理に「臣従の礼」
これを尽くす意図があるのかもしれない。

もしかすると、安倍総理は小池百合子氏が
都知事になった方が良い。

というのが、本音ではないかと思ってしまう
ぐらいだ

それだけ小池百合子氏の歩み寄った言葉にも
見える。

野党側は何でも反対の論調は変わらない様子。

鳥越俊太郎氏は「戦後最悪の内閣」と言い切る。
しかし、その反対政権ができたらどんな状態に
なるのか説明して欲しいぐらいだ。

また、宇都宮健児氏も同じだ。
アベノミクスは失敗したと断定している。

しかし、アベノミクス以外のやり方で
あるいはアベノミクスがなければ日本経済は
どうなっていたのだろう?

それは考えないのか。

結局・・立候補者は?

宇都宮健児氏が降りた。
これにより野党のなりふり構わずに見える
東京壊滅作戦」とも言えそうな
選挙戦の準備は完了した模様か。

ところで、承知する範囲の候補者はこちら。


7月13日現在の候補者

 候補者名  所属等
 小池百合子  自民党の支援なし
 増田寛也  自民党
 桜井 誠  無所属
 山口敏夫  無所属か?
 マック赤坂  無所属
 中川暢三  無所属
 河野充喜  無所属
 河野憲二  無所属
 今尾貞夫  無所属
 立花孝志  無所属
 山口節生  無所属
 高橋尚吾  無所属
 鳥越俊太郎  野党4党統一

※ 敬称略

あとは有権者の判断を待つのみ。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ