小池百合子知事へのイジメ? 拡大される自民党東京都連の人物像の小ささ!



追記 2017年1月1日
就任当時の小池百合子都知事には、少なからず期待をしていたが、今はまったくなし。

自民党の東京都議連の議員さん達。
なんともレベルが低い感じと思うこと。

話の節
1 連携模索と亀裂強調?
2 立ちはだかるのは悪神か? 

どちらも連携模索?

安倍晋三総理も小池百合子氏とは官邸で握手!

今後の国と都の関係を密にしていく動きを
示している中、余計に東京都連の愚かさが
目立つのだ。

二階俊博幹事長も「撃ち方やめだ」と言葉に
して、融和を模索しているようだ。

なんでも小池百合子氏が東京都知事として
初登庁した際に、川井重勇 都議会議長が
「知事と議会は両輪。一輪車にならないように」
と説教を行ったとある。

さらには、握手も記念撮影も拒否したとのこと。

・・子どもか!
68歳にもなった男のすることではないだろう。

小池百合子氏は今回の選挙において

291万2628票

・・を得た都知事なのだ。

これは全投票数の 44.5% だ。

さらに、報道陣の目の前で
「あなたの要望に応える必要はないから」
とも言葉にしている。

単なる根性悪のジジイが、ものを言ってる
としか映らないだろう。

早い話がイジメだ!

世間の目は黙っていない・・ことになる。

早速、初登庁以後、都庁へ苦情が殺到らしい。
もちろん、都知事の小池百合子氏への対応に
関するものだ。

すさまじいのは、川井重勇 都議会議長へ
向けたものの1つにこれがある。

「2017年6月の都議会議員選挙でただの人へ」
とする趣旨のものだ。

まあ、そうなるわな・・と思ってはいる。

これらのつぶやきは、同感。

ともかくも、今回の東京都知事選については
メディアの偏向報道も影響したかもしれない。

しかし、民意を持った選挙の結果である。
その結果が小池百合子氏なのだ。

その民意で選ばれた首長を悪し様に扱うことは
東京都民に対し、同様に悪しく振る舞うことと
同義と気づかないのであろうか?

自民党の東京都連の議員さんは愚かに見える。

立ちはだかるのは悪神か?

それにしても小池百合子氏が大きな舞台に
登場する時はそれぞれの部署の問題児が
立ちはだかっているような気がしてならない。

かつての防衛大臣就任時に、「防衛庁の天皇」
と呼ばれた?当時の事務次官 守屋武昌氏との
対峙。

そして、今回の東京都知事就任あたっては
「神田大明神」と呼ばれる自民党東京都連
内田茂幹事長が前に立ちはだかっているようだ。

内田茂幹事長は5日、石原伸晃都議連会長
とともに辞職した。

とんだ悪神と言えそうだ。


その露払い、太刀持ちが川井重勇 都議会議長
・・ということなのであろう。

だが、都議会・・特に自民党東京都連の
邪(よこしま)な者が表にあぶり出されれば
出されるほど。

都知事である小池百合子氏への支援・支持が
増していく傾向は揺るがないだろう。

来年2017年、その姿を示せばよい。

俺、オシマサ、かく思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ