安倍首相の行動力に敬服! グテレス国連事務総長と会談! 慰安婦合意「賛意」とケナタッチ氏主張は「国連の総意に非ず」は大きい!



安倍首相 ゲテレス

オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はG7でのイタリア行きで行われた安倍首相の
行動で、並々ならぬものがあると感じたこと。

俺は単純かもしれない。
だが、安倍首相は今までも含め行動力のある人物
と思う。

まず、安倍首相は27日、タオルミナ市内で国連の
グテレス事務総長と会談したとある。

ここで報道・メディアに表れている内容だが。
意義深いものが 2つ表れていた。
(産経ニュース 5月27日)

内容はかなり丸めたが趣旨はこうだろう。


1

安倍首相が慰安婦問題に関する日韓合意に触れて
日韓双方が履行することの重要性を強調。
それに対しグテレス氏が合意を「賛意」と「歓迎」
で受け止めたこと。



2

安倍首相は日本では国際組織犯罪防止条約締結の
ため、「テロ等準備罪」新設の組織犯罪処罰法改
正案の成立に努めていることを説明。
これに対し、グテレス氏が改正案を批判した国連
特別報告者のケナタッチ氏を「その主張は必ずし
も国連の総意を反映するものではない」と評した。



濃厚に感じる。

「1」は韓国の文在寅政権の蒸し返し(2015年
12月28日の日韓外相会談の慰安婦問題の合意)を
抑える効果があるだろう。

「2」は国連の名を使い組織犯罪処罰法改正案の
成立を阻止したいと図る民進党、共産党、社民党
自由党
の意図とその動きを封じる効果があるので
はないか。

それにしても、正直「やるなあ」という思い。
周囲にやり手が多い、人材豊富とも言えそうだが。
ともかく内閣の支持が高いことに納得だ。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

安倍首相 ゲテレス


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ