駆逐艦、カーティスウィルバーは台湾海峡を通過! 米国の対中姿勢は後ろに下がることなし?



オシマサ です。


今回はこれ。

駆逐艦、カーティスウィルバーは台湾海峡を通過へ!

・・で思うこと。





ミサイル巡洋艦アンティータムとともに二隻が通過!

“USS Curtis Wilbur (DDG 54) and USS Antietam (CG 54) conducted a routine Taiwan Strait Transit on Oct. 22, in accordance with international law,” said Cmdr. Nate Christensen, deputy spokesman, U.S. Pacific Fleet.
※ abcnews(22日)から。

米国の対中姿勢は後ろに下がることなし?

もう少し言えば

「中国に臆することなし」

それにしても、日本はどうなの?


海上自衛隊の姿勢はともかく。

日本政府は中国と日中通貨スワップを再開したり

・・と。


日本の中国進出企業を守りたい!

それはわかるけど。


なぜか、中国には弱腰に見えるのです。


二階俊博幹事長の存在が大きい?

思わず、親中派と見なされる議員へ

目が向くことに・・。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ