自民党の総裁任期延長に口を挟む民進党! 他所へ不満を向ける韓国に似る?



オシマサの広場へ、ようこそ!

自民党総裁任期の延長の報道でいろいろと飛び交
う話から思う。

自民党の総裁任期の延長

自民党総裁任期の延長に関しいろいろと取りざた
されている。

何はともあれ、これは自民党の問題であろう。

野党は黙ってろ!という思いが先に立つ。
まず、関係なく、そもそも野党の議員は自民党の
総裁になら(れ)ないのだ。

ところで、ここでの野党は民進党。



とにかく、自民党は自民党の将来を考え行動する
だけと思う。
当然、自民党の中には結果で総裁任期に関し泣く
人、笑う人が出るかもしれない。

だが、しつこいが民進党は関係ないのだ。

だから騒ぐなら自民党の党人相互でワイワイやれ
ばよい!

ところで、報道・メディアからこのように表れて
いる。
高村正彦副総裁のもとで党総裁任期延長の試案を
作成中
とある。

基本的に二つの考え方があるようだ。

1 連続2期6年から連続3期9年
2 任期撤回

基本的に長くなるようだ。

これにはよいものと不具合に感じるものがあるか
もしれない。

たとえば、よいものはこれ。


よい点1

長期安定政権が作りやすい



よい点2

政策の一貫性を維持しやすい



もっとも、これは俺が思うところ。
オーソライズされたものではない。

逆に不具合のものはこれか。


不具合な点1

国民に悪い政策でも長期に安定


いわゆる犬公方と呼ばれた徳川綱吉のような時代
になりかねない。
そうした危惧はあるかもしれない。
あるいは中央アジア諸国の独裁政権のようになる?
しかし、いずれも考えすぎか、極端な話だ。

続けて、また一つ。
こちらは現実的に見えるもの。


不具合な点2

政権を取りたい意欲のある党人の活躍機会を奪う



同じ時期に有能な指導者タイプが集まると。
うち一人が頭角を現した場合、他が出張る時期を
失ってしまう?

要は皆、年老いて交代する時には次世代の有能な
人材が育っている?
だからなれないということ。

それも仕方がない!と思うが、そこは人情か。
納得ができない党人もいるのであろう。

まさに今の自民党かもしれない。

安倍首相も有能と思うが岸田外務大臣に先の地方
創生担当大臣の石破茂氏も。
その他にもいるのだろう。

特に自民党は国会で野党の幼稚な執拗な質問に耐
えている党人・議員が多いと思う。
自ずと鍛えられている!

周囲が協力さえすれば国民の皆が満足する政治。
それは無理としても大方の国民が納得できる何が
しかの結果を出せる党人はいるように思える。

だから、自民党のことは自民党にさせればよい。

肝心なのは有権者が選挙の時に投票に行くことで
あり、良質な立候補者を選び、おかしな者の出現
を防ぐことだ。

そのように考えれば民進党の国会議員二人の言葉
など、言下に退ければよい。

あえて記そう。
一人は安住淳代表代行だ。
(19日の記者会見時のもの)

みんな、安倍晋三総裁にこびている。

正直、馬鹿か!・・と。

そんな言葉を発して何の利益になるのだ?と思う。

そして、この言葉も続いていた。

(自民党が)党内に反対する勢力を作れないから
われわれが頑張って安倍さんに対抗する勢力を作
らないといけない。

自分たちを美化している。
というか何様のつもりという感じであろう。



もう一人は江田憲司代表代行。
こちらもおかしな人だ。
(26日の記者会見時のもの)

よくぞこんな世紀の大事業が異論もなく決まった
なと。 
総裁任期延長を勝ち取るために安倍晋三首相が衆
院を解散をして、その勝利を受けて党大会で改正
すると思っていた。
隔世の感がある。

なんとも大上段に振りかざしたモノ言いをする方
だ。

お二人とも何が狙いなのだ?
わからない?

構ってもらえない子供が、捨て台詞を吐いている
ように見える。

おそらくは自民党から相手にしてもらえない!

単にちょっかいを出している!
そのようにしか映らない。

相変わらず民進党はトンチンカン!

よそ様に口を出し内側の問題を外の問題に置き替
えようとするのは韓国、中国と同じではないか。

日本の政党がそんなマネごとをしてどうする?

ともかくも自民党の総裁任期延長のことより。
二重国籍に発した疑惑で揺れる民進党代表の身の
処し方!

これに視点を向けるべきであろう。

ということで、子供が駄々をこねた卑小な世界を
見た気がする。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ