自民党総裁選、カツカレー食い逃げ話から思う! 朝日新聞はヒマ?



最初にお断り
食い逃げと評しているのは朝日新聞(ハフも同様かな)。自民党の議員がそのように発言しているかどうかの根拠はありません。
なお、本ブログ記事はそれを見た善良な市民ならこうなるとの思いで表しております。

オシマサ です。


今回は、裏切り者は誰だ!

4人を探し出せ!ではありませんが

少々、それも気になりながら

朝日新聞はとてもヒマ

と思うこと。





はじまりはこちら。

昨日の自民党総裁選において

その出陣の陣ブレとも言えそうな

安倍首相陣営の験担ぎカツカレーの会食。


朝日新聞(21日)の記事に表れていました。

さすが、引きずり下ろす相手を見つけたら

とことんの様子。


さておき・・。


話のポイントはここ。

なぜか

そこに集まった議員数と投票数が一致しない!

・・のです。


それで安倍首相側が

「どうしちゃったのかな」


と、つぶやいたか

ぼやいたのか、それはわかりませんが


とにかく、朝日新聞は拡声器となった様子。

 カツカレー  333食
 投票数  329票

奇々怪々、面妖な!

と、朝日新聞には映ったのでしょう。


カツカレーだけ食って逃げた奴がいる。


ところで、このような行為に及んだ議員は

自らが何を行っているのか

わかっているのでしょうか。


土壇場になれば裏切る!

まるで

関ケ原の戦いの小早川秀秋と同じ

と思いますが、いかがでしょうね。


何とも、情けないことです。

おそらく、安倍首相側では目星がついている?

と思いますけど・・、でもないか?


とはいえ

総裁選前後の動きを見れば

うすうす察するものがあると思うのです。


どうでしょう。

と、横に話はずれましたが

話を元に戻しまして。


そこで、ツイッターから

関連するお話を頂戴してみます。








いずれもフムフムとうなづくばかり。

中にはカツカレーで贈賄、買収なんてことを

おっしゃり、安倍首相側を貶める方もいますが

まあ、それは論外でしょう。


総じて、拙が思うことは

基本、カツカレー云々ではなく

「一致団結して進もう」

と気合い入れに参加しながら


勝手に抜けた行為がズルイと言いましょうか

「信用のならん人間だ」

と、かかわる4人を見なすとともに


それをあえて、記事にして

安倍首相側を貶めようとした朝日新聞に

くだらなさを感じるばかり。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ