自民党総裁選、安倍首相の3選が決まったことに関して 少々、思う!



オシマサ です。


今回は自民党総裁選で

安倍首相の3選が決まったことに関して

少々、思うこと。





はじめに結果を見ると、このとおり。

● 安倍晋三 氏

総数 553

 議員  329票
 党員  224票

● 石破茂 氏

総数 254

 議員  73票
 党員  181票

そして、フラグが立つことは

議員票はまずますと思いつつも

党員票が圧倒的な差異を付けて

石破茂氏を弾けなかった点ですね。


無策の悪口雑言だけが武器の石破茂氏が

181票を獲得したのです。

ここは自民党に対して、残念な点。


もう少し

「大きな差がある」

と言える形で


党員の石破支持派の数を押さえ込められれば

「よかったのに」

と思うのです。


これは党員票をあずかる

党員個々の問題でもありますが

それ以上に報道メディアの偏った報道の仕方にも

問題があるのかもしれません。


なぜなら

総裁選期間中はもとより、それ以前から

安倍首相を批判する声を扱う報道は

多く見られました。


ただ、同時に、あれだけ報道メディア

加えて、それに乗り石破茂氏を応援する

あるいは、それもどきの姿勢を持つ野党が

どれほど騒いでも・・ですよ。


安倍首相の3戦が成ったことを考えると

安倍首相の支持基盤は、かなり底堅いものがある

と言えるでしょう。


ですが

「もっと、どうにかならんのか」

といった思いも残るのです。


ということで

今回は何気に

数値だけを見ての物言いになりましたが

ともかくも、安倍首相の3選を喜ぶとともに

今後の前進を祈念する次第。


オシマサ、僭越ながら、斯く思うのです。

(再見)



追 記

小泉進次郎氏は石破茂氏の支持へ

20日、明らかにした様子。


おそらく、安倍首相の3選が見える中

その姿勢に対し、政権側から


「君、次回からのポストはないよ」

ぐらいのことは言われたのかも・・。

それで、意趣返し?

なんてことを思い浮かべたりもしますが


基本、安倍首相側から見れば

小泉進次郎氏は

総裁選を不必要にかきまぜるだけの存在

と映っていたのでしょう。


そして、早期から旗幟を鮮明にしていた

立場の者から見れば

ポストなし、無役となるは

至極、当然と思われるばかり。


ただし

実際、どうなるかは、わかりません・・。

(追記終わり)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ