社民党党首は貧乏くじか、吉田忠智氏の固辞がもたらした再党首選! 幕引きは又市征治氏、願います!



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

社民党党首は貧乏くじ

・・かな、と思うこと。


話は社民党の党首選から

これ当初は12日に告示が行われながらも

立候補者がいなかったもの。


それで、もう一回仕切り直しということで

明日26日に行われる様子。


どうも、報道などを追っていくと

その後も社民党内で

「吉田忠智氏でいいじゃないか」

とした流れがあったようですが

12日と同様、同氏は難く固辞へ。


結局、それでは誰がということで

右往左往しているうちに

又市征治氏が名乗りを・・。


となると、おそらくは

今、現在、対抗者で立ち上がる者も見当たらず

このまま進むのでしょう。


それにしても、社民党の現状を見ると

ボロボロの様相。

現職議員:4名
平成29年衆院選挙:比例得票率2%なし
平成28年参院選挙:比例得票率2%チョイ超え!

4名の議員はこちら。

【衆議院】
照屋寛徳 吉川 元
【参議院】
又市征治 福島瑞穂

※ 敬称略

これを見る限り

政党助成金を頂戴できる政党要件から外れるのも

時間の問題でしょう。


そして、この状態から

現職議員ではない吉田忠智氏をあてたい

とする党内の動きは酷に見えてきます。


基本、議員ではない人が立派なことを言っても

議員である人は耳を傾けないでしょう。

この議員たち相手では、辛いかも・・。


つまり、従わないと思います。


そのため、吉田忠智氏は落選後

かなりの悲哀を感じてきたことは

想像に難くありません。


それで、思いが昇華して、今の姿勢か・・と。

「貧乏くじはもう十分」

・・が偽らざる心境と捉えますが、いかがでしょう。


こんな感じで勝手に思いを汲み取ってしまいましたが

ともあれ

今回の党首選での立候補固辞はむべなるかな

でしょう。


さらに言葉を続けると

現職議員が責務のある党首を避けること自体。

社民党は終わりを告げる段階に来ている!

そのように思われるのです。


その思いを強くさせるものとして

先日の産経・FNNの合同世論調査で

政党支持率を表す部分に政党名がないのです。


これは民進党の0.7%より低いから除かれた!

と思われ、事実上支持層なしかと。


さらに言えば

世間一般・国民との距離が果てしない!

と同義でしょう。


特に

昨年、「牛歩セブン」と呼ばれたうちの二人。


又市征治氏と福島瑞穂氏の議員活動からも

想像に難くないと思われるのです。

狂人のごとき振る舞いにしか映りませんから。


要は、国民の信を失っているのです。


そこで、提案です。

どなたが党首になろうとも

最後の党首と自認して、党を解体・整理する方向で

仕事をなさっていただきたい。

・・と。


そうすれば、少しは国民の思いを

「叶えた」「よくやった」

と称えられるかもしれません。


その方向でチャレンジを望みたいものです。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ