慰安婦像設置のサンフランシスコ市、エドウィン・リー市長が亡くなる!



オシマサの広場へ、ようこそ!


今回はこちら。

えっ! この時期に?

慰安婦像設置のサンフランシスコ市長

中国系と言われるエドウィン・リー市長が

亡くなったのです。





Ed Lee,San Francisco mayor,dead at 65


とありますから、まだ65歳だったのですね。


亡くなる年齢には思えないので

何か持病でもあったのか。

憶測・・想像は膨らみます。


報道では、死因は心臓発作とありますが

実際はどうでしょう?


ところで

過去歴を調べると、このように表れています。

『エドウィン・マー・リー』
Edwin Mah Lee
(李孟賢)
第43代サンフランシスコ市長
シアトル出身(1952年生まれ)
そして、中国広東省から来たようですね。
つまりご両親が中国から移住。

カリフォルニア大学バークレー校に在学。

市長歴は、2011年初当選、2015年に再選へ。

ですから、今、二期目であった!

ということでしょう。


こうしたものを見ると

まだまだこれからといった時期と思いますが

いかに?

ご本人は、さぞかし無念ではあったでしょう。

察するばかり。


とはいえ

慰安婦像設置の件は納得できません。

そこは別に考えて行きたいところ。


ツイッターなどを見ると

結構憶測を交えた内容も多くありますが

中にはあり得なくもないか

・・と、考えさせられるものもあります。


それを一つ拾うと、これ。

中国の影が忍び寄った!

というもの。


時期が、ちょうど

大阪市長が姉妹都市の関係を解消するため

動いている最中のできごと。


ですから

サンフランシスコ市長が亡くなれば

「その動きが鈍るのではないか?」

そういった見方か・・と。


これが本当かどうか、それは別としても。

今、姉妹都市関係解消に動けば

何かと

ものを言う者たちは出てくるでしょう。


ツイッターを見ても分かりますが

同解消に関して、否定的というか

大阪市の吉村洋文市長を批判したげな声も

・・あります。


そのため

「中国の影がある?」

なんて揶揄されるのかもしれません。


ともあれ

サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長が

亡くなられたこと。


お悔やみを申し上げつつも

姉妹都市関係解消を妨げるもの

とは思いません。


それゆえ、淡々と進めることがよいのでしょう。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。


文章が『である調』の終止形から

『です、ます調』へ変わります。

よろしくお願いします。

(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ