石平太郎氏のツイッターから中国の異変と日本を考える!



オシマサ です。


今回は石平太郎氏のツイートから考えてみます。

ここにあるツイートはもちろんのこと

それ以前から石平太郎氏は

出自が中国ということもありますが

中国に関して、貴重な内容を発信しています。


前回の孫向文氏とはまた、違った切込み方で

様々な問題と、それを取り囲む環境、背景に

触れています。





そこで

今回は中国の習近平国家主席の帝国形成に

ややブレーキがかかったとの見方を表したもの

と、拙は見ております。


また、習近平国家主席は責任転嫁として

自らが危機を乗り切るため

人身御供を差し出したとの評価を持つもの

でもあるでしょう。


そして、大事な点は

この種の内容は新聞、またテレビでは

ほとんど扱われていないということ。


この点を日本人は気を付けなければならない!

と思うのです。


知らず知らずのうちに情報統制を受けている。

そういうことでしょう。


それは、ある日突然、日本が・・日本人が悲劇を

目の当たりにする予兆かもしれません。

意識したいものです。


とても、とりとめもない雑文ですが

これからも、貴重な情報を発信される方々を

取り上げていくつもり。


ですので、通過点のひとつに加えていただき

是非ともお寄り頂ければ幸いです。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ