「邦人の安全」に関し外務省の韓国滞在注意喚起のスポット情報と菅義偉官房長官の記者会見時の言葉から思う!



法人 安全

オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は菅義偉官房長官の記者会見に関して。
(12日午前のもの)

気になったところはここ。
外務省がホームページ上で韓国在留邦人あるいは
渡航者を対象に出した注意喚起のスポット情報に
触れ、即安全に影響があるとしなかったところ。

直ちに邦人の安全に影響ある状況ではない

http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/
201704/12_a.html

大概、菅義偉官房長官の言葉はそのままうなづく
ように聞き入ってしまうのだが、この部分だけは
やや「あれ?」という思いか。

また「ホント、どうなの?」という気持ちに至る。

おそらくは不安感が増幅拡散され社会が委縮する
ことを怖れたのかもしれない。

また、大所高所から見て判断した上での言葉か。

だが、今の北朝鮮の指導者層の主張から考えれば
今の韓国は平穏な状態と言えないのではないか。

つまり日本が邦人の安全に影響ある状況ではない!
と言ってもトリガーを引く部分は日本側ではなく
北朝鮮なのだ。

そのことを考えれば、失礼ながらも甘い状況判断
ではないか!
と思うのだ。

日本は韓国に近く、北朝鮮にも近いのだ。
ましてや、いつでも後者の作ったミサイルが落ち
てもおかしくない状況であろう。

パニックに陥ることを案じているのかもしれない
が、少なくともどこが危なく今はどのような行動
が求められる!

それを突発事案が生起する前に明示すべきと思う
のだ。

そして、その後安全状態が確保、またその確認が
できれば「安全に影響がない」とすればよいだろ
う。

ちなみに、トランプ大統領のTwitterのつぶやき
は現状を国民に示しつつ共に困難を乗り越えよう!
と訴えているように見える。

North Korea is looking for trouble.
If China decides to help,
that would be great. If not,
we will solve the problem without them!
U.S.A.

北朝鮮は厄介ごとを招こうとしている。
中国が手助けを決めるならすばらしいことだ。
(米国を助ける意で。)
でも、協力しなくても米国は解決しちゃうさ!

何ともアグレッシブだが、現状と問題点を把握!
国民に知らしめようとしている!
そのように思えるのだ。

また、こういうものある。

I explained to the President of China
that a trade deal with the U.S.
will be far better for them
if they solve the North Korean problem!

まず、中国の習近平主席に説明したのだよ。
米国との貿易をはじめいくつかの取引はグッとね。
よくなるよ!
もし、中国が北朝鮮の問題を解決するならね。



これほど積極的なもの言いになると。
日本では無理かもしれない。

だが、今はこうだ!
大変なんだ!
という意識を持たせるように政府は動くべきでは
ないかと思うのだ。

そもそも、北朝鮮に近い国は米国ではない。
日本なのだ。
もっと、日本が危機意識持ち、危機管理に備える
ことを国民にアピールすべきであろう。

何かあってからでは即機能は無理ではないか。

ゆえに、韓国滞在邦人の安全も同じカテゴリーに
入る!
そう思うだけだ。

政府が間違っているとは思わないがもう少し!
緊張感を持たせた方がよいだろう。

少なくとも国民に曖昧な安全認識を持たせない!
自国の置かれている環境、状況を客観的に伝えて
もらいたい。

ともかくこの2つ。


1

外務省が注意喚起を行った!



2

首相官邸が邦人の安全に影響ある状況ではない!



言葉の趣旨説明は確かにあったが出力したものは
ピッタリではない。
これはおかしいと思うのだ。

いたずらに不安を煽る者ではないが、一度韓国に
渡れば戻る時は海、海峡を越えないと戻れない。

もしもの場合、北朝鮮の攻撃を受けて韓国社会は
パニックになるかもしれない。
また、基本的に反日の社会だ。
自衛隊による邦人救出も難しいだろう。

であれば、できるだけ韓国滞在邦人の数を絞る方
が以後の政府のフリーハンドも確保できる!
と思うのだ。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

法人 安全


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ