レコードチャイナの記事見て、何気に日韓離間の策と思うこともある?



オシマサ です。


今回は、日韓離間の策?

とも映るレコードチャイナの記事に関して。


ソウル市の「慰安婦授業」、「小中学生には不適切との声も」と韓国紙、あからさまな内容も疑問視
2018年7月7日(土)
https://www.recordchina.co.jp/b622195-s0-c10-d0059.html

どれほどの人が気付く?

と言いましょうか


この視点で

レコードチャイナの韓国関連記事

ご覧になっているか?

と思うことです。


レコードチャイナって

何気に日本の反韓感情を煽っている

と思われませんか。


もっとも、韓国は反日行動を国是として

行っていることは間違いないでしょう。


それゆえ、類似の韓国の話題であれば

どの報道メディアが取り上げても

同じような思いを与えることは

否定できません。


実際、日本の報道メディアが

韓国の反日的行動を積極的に伝える姿は

あまり、目に入ってこないと思います。


それもあって・・か、なおさら

際だってくるのでしょう。

レコードチャイナが・・。


とにかく、微妙に

日本と韓国の間に冷たい風を吹き込んで

両者が中国に抗しない方向に

持って行くように図っている!


そのように映って仕方がないのですが

考えすぎ?





なお、レコードチャイナが

どれだけ中国とのかかわりがあるのか

それがわかれば、なお理解が進むかと・・。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ