沖縄県知事選! さきま淳候補の訴えは、具体的な問題点と対策に触れたものが多いと思う!



オシマサ です。


今回は沖縄県知事選での候補者の訴え

こちらに関して、拙が少々、思うこと。

題して、沖縄県知事選で見る点を考える!





候補者はこちらの二人。

〇 さきま淳 氏

〇 玉城デニー 氏


そして、いきなり両者の主張を取り上げると


総じて、さきま淳候補は沖縄に必要なこと

欠けていることを問題点として

その対策あるいは意気込みを強調している

と思うのです。


たとえば、いくつか挙げてみましょう。

こんな感じ。












一方、玉城デニー氏は基地問題において

声を上げるはよいとしても

文字の羅列か・・と。

具体的なものが乏しいと思うのです。


要は、米軍基地がなくなったら

「将来、沖縄を取り巻く環境はどうなる?」

「辺野古反対だけが、前のめりでは?」


と疑問を抱かせるものが多く!

そのアトが欠けていませんか

ということ。


結果的に、沖縄を日本から切り離す?

そんな姿も見えてきたりしますが

どうでしょう。














ともあれ、最終的には

沖縄県民の方々が考えるべきものでしょう。


ですから

拙があれこれと講釈を並べても致し方がない

と思いますが


それでも両者の訴えを

目から、耳からに入れるにあたり


沖縄県民の具現性ある将来を

考えている候補は、そのための目的と目標を持つ

さきま淳氏が大きくクローズアップされる

と捉える次第。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ