日本国民党、日本第一党は立ち上がれ、次期参院選挙! 外国人労働者の受け入れ拡大と国民健康保険を論点に?



オシマサです。


今回は政府が主導する

経済財政運営の指針「骨太方針」の素案。


その中で外国人労働者の受け入れ拡大とあり

新たな在留資格の創設が含まれていること。


これに関して思うのです。

【新たな在留資格の創設】その1
農業、建設、宿泊、介護、造船の五つの分野を対象にして、業界ごとに実施する技能と日本語の試験に合格すれば、最長5年の新たな在留資格を取得可能へ。
【新たな在留資格の創設】その2
外国人技能実習制度(最長5年)の修了者は、日本語の試験を免除へ。
【新たな在留資格の創設】その3
技能実習制度から移行した場合は、計10年間の滞在が可能へ。

一言で言えば

「かなり、ヤバイ」

・・か

「まずいんじゃないかな!」





拙は現状の日本を見る限り


安倍首相を支持する人間の一人です。


しかし

外国人労働者の受け入れに関しては

国の将来を危うくする


と見なす一人でもあるのです。


まずはここです。

今、現在、外国人の存在の問題点は

クリアしているのでしょうか。


こういうものがあるでしょう。

● 受け入れ後の生活保護受給者増

● 悪質な紹介業者の存在

● 国民健康保険の高額使用の実態

(がん治療で家族を引き連れオプジーボ使用)

・・など、解決すべき問題点は多いと思うのです。

【外国人の国民健康保険の利用】その1
平成24年7月9日に住民基本台帳法の改正で、外国人登録制度が廃止になったことによるもの。以後は、外国人も日本の住民登録が可能へ。それがもとで、条件付きで国民健康保険の加入も可能へ。(住民登録を可能とした部分は、事実上の移民受け入れの走りと見なしてもよいでしょう。つまり、政治家はずるい!施行は民主党政権ですが、法の改正は自民党、どっちもこの件に関しては悪いよね。)早い話、審議をせずに政権倒しに狂奔すると、国民が迷惑する例と思います。野党(この時は民主党が該当)の存在価値なし。
【外国人の国民健康保険の利用】その2
加入条件
● 他の健康保険での加入なし
● 在留期間が3ヶ月以上
● 在留資格が『短期滞在』や『特別活動』ではない
● 生活保護を受けていない

それに、これは失敗が許されません!

追い返すわけにはいかないでしょう。


出身国を含めて、世界から批判が起こり

日本のイメージガタガタへ。


何より該当外国人が暴動などの暴力行為に及んで

(なぜって、不満を持つでしょう。)

社会を騒擾状態に陥れるおそれもあるでしょう。

※ ヨーロッパのイメージ

ここでは『よい外国人』『悪い外国人』を話しているのではありません。不満を持ったら人はそれを吐き出す行動に出る!ということ。

加えて、反日政党の立憲民主党などが

加担して、外国人参政権を要求させ

日本を亡国の道に誘導する!


その契機となるかもしれません。

立憲民主党自らが反日政党の認識があるかどうかは別。日頃の行為から、そのように見なすだけです。

今でも、ヘイト云々で

日本人への誹謗中傷はよしとされ

在日外国人へ向けた批判はダメ!

と騒ぎが起きる現状ではありませんか?


また、拙はスヒョン文書の信ぴょう性に

疑問符を付ける側の人間ですが


それでも、一部と思いますが

在日韓国・朝鮮の人たちの動き

たとえば、講演会場使用の阻止に関しても

同様に疑問符を付けるのです。


ということで、ようやく、本論です。


拙は提言したいのです。


今回、自民党は

安倍首相の政権でありながらも

外国人に関する諸問題を解決できない状況下で

さらに、外国人を増やす内容を持ち上げました。


これが前提です。


続いて、既存の野党は政権与党の政策

法案内容に関して

まったくもって審議に協力しません。


審議拒否の名の下で

日本よくする行為を放棄しているのです。


そこで、日本国民党日本第一党

お願いしたいのです。


この両党に然るべき国政選挙などに打ち勝ち

存分に力を振るってもらいたい・・と。


同時に、従前多く見られた朝鮮学校への支援

補助金に関して、疑問の声をあげること

のみならず。


一般日本国民に直接かかわる部分で

声を大きく、出してみてはどうでしょうか。


それが自営業者の気にする国民健康保険と

国民年金(国民年金第1号)と考えるのです。


特に、国民健康保険は自営業者の場合

直接振り込み用紙を目に入れます。

※ 年金も同様ですね。


所得がなければ

ほぼ役所から請求は来ないでしょうけど。


しかし、自力で生活できる人には、間違いなく

役所から郵送され目に入ります。

その後は、金額が気になるものです。


そこをポイントにして

● 国民健康保険の外国人による高額使用の実態

● 外国人生活保護の実態


これらを特に

次の参院選挙までの期間、ネットなどを活用して

訴えたらどうでしょうか?

(すでに実施済みであれば、ご容赦願います。)


とにかくです。

一般的に勤労者は、自営業であろうと

会社勤めであろうと


働くだけで精いっぱいなものです。

ほかは考えたくもないのが実態と思うのです。


拙も毎日、電車に揺られて通勤している時は

そうでした。


ですから、北朝鮮の弾道ミサイルなんて

「どうでもいいや」

「いっそ、世界がなくなれば、楽だよ」

なんて、不埒なことを考えていたものです。

なぜなら、政治家、真剣に具体的に動かなかった!今まで放置したから、半島は今の状態になったのでしょう。選んだ国民、投票無視する国民も悪いけど。

とはいえ、拙も、今は反省です。


話を戻します。

そこで、世界はなくなれと思っても

お金の話は別です。


これは気になるものです。


すべての人が拙のような人間とは思いませんが

世の中、お金がすべてではなくとも

お金がないと生きていけません。


そこを強く人々に突いてみてはどうでしょうか。


多くの国民は、国民健康保険で収めるお金が

将来、何かあった時、自分たちのためになるから

その思いがあるから、納めるわけです。

・・と思います。

※ 主に自営業者の場合


それがわずかの掛け金で

高額使用されている実態が多いと知れば

どうなるでしょう。


怒りが外国人に向かうというよりも

必ずや、いい加減な政治家に向かう!

と思うのです。

そこで、もし、この機運が盛り上がったら、できれば立憲民主党あたりから、発言させるのです。「国民健康保険の補填を税金で行う!」これは効きますよ、たぶん、公務員、企業会社員にも影響するでしょう。

現在、安倍首相を支持する一人でありながら

このような表現を行うことに抵抗を感じますが

ですが、今回、自民党はヘタを打ったのです!


この好機を利用して

日本国民党と日本第一党は

国民目線で躍進を目指して欲しいのです。


その結果が表れれば

自民党も多少は浄化の傾向が生まれるでしょう。

※ 野党は失望しても、期待はしません。


これは拙の見立てであり、絶対とは申しませんが

いろいろと考えることは必要でしょう。


特に、日本第一党は地方にも基盤があると聞きます。


是非とも

じっくり国民健康保険で

「将来の不安定さを改善する!」

と、訴え


国民の心をつかんではどうでしょうか。


オシマサ、僭越ながら、斯く思うのです。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ