北朝鮮の外国銀行へ行うサイバー攻撃の盗みから思う! 制裁効果の減少云々より、早期の対処が必要と米国は思うのでは?



北朝鮮  サイバー攻撃

オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は報道・メディアからこのような話題がある。

米国上院でのできごと。
情報セキュリティーのシマンテックが国土安全保
障・政府問題委員会と呼ばれるところで、どでか
い証言をしたらしい。

「北朝鮮からの動きでバングラデシュ中央銀行は
8100万ドル(約92億円)を奪われた」と明らか
にしたのだ。

要は北朝鮮がハッカーグループを組織しサイバー
攻撃をしかけている!というのだ。

ただ、不思議なのはこの件で核・ミサイル開発の
資金源を断つため世界各国が試みる制裁効果が薄
れる!
これをなぜか強調する報道・メディアもある。

まるで「制裁なんかしても意味がないよー!」と
言っているように聞こえるのだ。

確かに間違いではない。
だが、それより先に言うことがあるだろう。

サイバーセキュリテイの必要性を強調することが
大事と思う。
おかしな論調と捉えている。

さておき、これで米国はより刀を磨くことに力が
入るかもしれない。

すでに拳は振り上げているのだ。

そして、今や金正恩委員長は窃盗団のボスだ。
もう北朝鮮が悪であることは世界も承知したであ
ろう。

あとは北朝鮮の暴挙と中国が米国とは協調できな
いとする姿を待ち望んでいるだけかもしれない。

それが現出すれば、西部劇で見たカッコイイ!
第 7騎兵隊は許さないのではないか。

何やら、これで 5月はまた違う緊張感が登場する
予感がする。

ましてや、11日の今日、中国が韓国の文在寅政権
に対しサード(THAAD)の件で「片付けろよ!」
と迫ったようでもある。
まさにジャイアンの本領発揮か。
中国は韓国に宗主国の風を吹き付けているようだ。

時間の問題か、韓国が中国に倒れ込むのも。
ともかく、新たな風が吹くかもしれない。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

北朝鮮  サイバー攻撃


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ