民進党・蓮舫代表! 政治家たる国籍を問う国民を馬鹿にし「差別主義者」「排外主義者」のレッテルを張って臨むか!



蓮舫 二重国籍

オシマサの広場へ、ようこそ!

民進党の蓮舫代表の二重国籍疑惑に関して。
18日に素直に自身の国籍現況などを説明するもの
と捉えていたのだが、夕方以降の報道を見ると。

どうも、そういうことでもないらしい。

戸籍を開示する話も「そんなことは言っていない」
との話もあるようだ。

挙句の果てに戸籍謄本の開示に関して。
〇 戸籍は個人のプライバシーに属するもの。
〇 差別主義者、排外主義者に言われて公開する

ようなことが絶対にあってはいけない!
と結んだとある。

とうとうすごいことを言い出したようだ。

一般国民の疑問として。
「あなたが日本の政治家なら、日本人なのか」
「今の国籍を教えて」
というだけのことであろう。

それを問う人たちを差別主義者排外主義者と。
断じたわけだ。

問いかけている国民はその出自云々を問題視して
いるのではなく、現在の国籍を含め二重国籍疑惑
への虚偽で収めようとする姿勢がアカンと言って
いるだけであろう。

ここにきて急速に、妙な展開になってきたようだ。
18日、荒れるか!

ただ、その前に心ある日本人は怒りを覚えるので
はないか。
先ほど、出自云々は問わないと表現したが、ここ
まで馬鹿にされると。

当然「今、中国人」「元、中国人」なのかわから
ないが、こうした言葉を扱う機会も増えてくると
思われる。

なぜなら、現在の中華人民共和国があまりにも。
不誠実に映るからだ。

ゆえに不誠実な言動と行いをするのだろう・・と。
もちろん蓮舫代表のことだ。

しかし、民進党はとんでもない人物を代表に選ん
だようだ。
割れると思うがどうなる?

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)





 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ