上西小百合議員が刑事告訴を受ける? でも、記者会見では辞職はなし!



オシマサの広場へ、ようこそ!


今回は軽めの話

軽そうに見える国会議員のこと。

と言えば、ご当人は憤慨される?





ともかく

本日、昼前の報道で見つけたもの。

あの激高し易そうなタイプの人。


知っている人は知っている

知らない人は全く知らないとは思うが

『浪速のエリカ様』と呼ばれるこの人だ。


上西小百合 議員


その上西小百合議員が元政策秘書から

なんと刑事告訴を受けたとあるのだ。


話題を提供する人とは思っていたが

とうとう、ここまで来たか?

という感じであろう。


訴えられた理由というのが、情けないというか。

子供のケンカを拡大したようなものに見える。


ずいぶん前に騒がれた話だが

2015年3月のできごとが発端のようだ。


当時、上西小百合議員は体調不良を理由に

衆議院本会議を欠席したことから始まる。


要はその欠席の事由の裏話が暴露されのだ。


これだ。

知人男性と旅行に出かけていた!

それが当時週刊誌で明らかにされ

国会議員不適切と指弾されたわけ。


確かに

やかましく世間から叩かれても仕方あるまい。


しかし、ここまでは告訴に至る前座部分。

この後がキモになる。


それは

週刊誌への暴露は元政策秘書である

・・と。


上西小百合議員がインターネット上で

言葉にしたらしい!


それで、元政策秘書もドタマに来て

名誉棄損で刑事告訴へ!


「なんかなあ、アホ」

という感じだが・・。


ともかく

同議員はこれを機に名を売れると考えたのか?


そのあたりの心の動きはわからぬものの

それを含め、新たなものが

明らかにされるかもしれない妙な期待を

報道メディアに持たせていた。


午後からの記者会見・・。


だが、会見に関しては

見たが、基本、よくわからんものだ!


上西小百合議員へのアホの見立て度数は

高まるばかり。


まあ、それでも、同議員も

いろいろと言いたいことはあるのかもしれない。


ただし、政治的な活動を対象にして

まともな信条、政治的意見の発信であれば

記者会見であれ何であれ

傾聴に値するかもしれない。


しかし・・だ。

中身はクダランと思うこと。


何やら私的な痴話げんかみたいなことで

「記者会見を開くな!」

と言いたくなる。


世の中にはミサイルとか核実験とか。

米国の大統領が変わったらどうなるとか。

数多くの問題、心配事があると思う。


それゆえ

国会議員自らの私的な案件に関しては

ご自身で解決して頂いた方がよいのであろう。


俺もつい拾い、取り上げてしまったが

どうせ会見を開くならだ。

次の衆議院選挙には出ません!

あるいは 辞職します!

とかやってくれると。


国家、国民のために良いかもしれない。


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ