重水が漏れ、被爆者発生! 韓国・原発の事故で日本海は汚染か?



オシマサ です


今回は時機を失した感じもあるのですが

遅ればせながら、あげておきましょう。


先月、6月11日に起きた

韓国月城(ウォルソン)原発の

冷却装置不具合事故に関して思うこと。


これ、重水 が漏れています。

3.6トン

その結果、29人被ばくへ!


ほかに三重水素を検出とも。

かなり、韓国の原発の管理はヤバいのでは?


そんな印象。

日本の報道メディアで扱ったところは

なかったと思いますが、どうでしょう。

少なくとも、積極報道は行っていないでしょう。


知らない!

と言う人が多いのですから。

でも、特に、日本海側に住む方は

よく意識した方がよいでしょう。


ちなみに韓国の原発展開地域はこちら。

1  ウルチンハヌル
2  月城
3  古里
4  ハンビッ

展開場所は少ないのですが、一か所あたり

四ないし五つの原子炉があると言われ

稼働原発は日本より多いでしょう。


また、影響、放射性物質の流れは想像の域です。


しかし、考えられないこともないでしょう。

風は吹きます。

特に冬は・・。

韓国 地震

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

少なくとも意識は必要かと。

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ