私立系の学校、大学は『2018年問題』で生き残るため、留学生確保? 日本社会の将来の不安要素にならないか?



オシマサの広場へ、ようこそ!


今回はこちら。

2018年問題と留学生

・・で思うこと。


これ、拙が思うには

将来、深刻な問題に発展するのではないか

・・と。





それは単に少子化で

就学に機会を求める子弟の減少のため

私立高校、私立大学の経営が悪化するとか。


そういった問題だけでなく

治安を悪化させる素因に転じる可能性がある

のではないか!

・・ということ。


これが、拙が危惧する本旨でありますが

話を進める前に

今後の私立系の学校の動きを考えると

それは経営を安定化するため


日本の少子化に伴う学生の減少に合わせ

その穴埋めを行うことから

対応していくでしょう。


何と言っても、受け入れる学生が減っていく!

・・のです。


たとえば

国から奨学金などの修学資金補助の話を

強調するとか!


あるいは

私立大学個々の魅力部分を強調するとか


とにかく

なりふり構わずは言い過ぎであっても

勢いを持った入学希望者の呼び込みを

図るのではないでしょうか。


実際、そのぐらいの動きを持たないと

他校に入学希望者を奪われてしまう

と思います。


ただ

それは絶対数には限りがある話。

少子化ですから。


となれば

自然淘汰で閉鎖、閉校に及ぶところも考えられ

オーナーの経営状況に変化をもたらすとともに

教員、事務職員の失職にもつながるでしょう。


そこで、頭に浮かぶことが一つ。

背に腹は代えられないとの判断から

外国人の受け入れが進むのではないか

と考えるのです。


実際、過去、偶然、拙が見た私立大学において

外国人入学者を結構、数えることができました。


この場合、留学生の増加を抑制したい!

との動きはなかったか・・と。


また

文部科学省の年度当初の統計調査の

報告資料項目にも

外国留学生の入学状況に触れたものがあった

と思います。


ただ

これは開学後の設置条件を満たすかどうか

それを推し量る調査の項目の一つ。


ともかく

文部科学省も留学生の存在を意識している!

それはわかると言えるもの(でしょう)。


と、何気に統計調査の話に触れましたが

ここまでの範囲では、冒頭大文字で

「深刻な事態になりますよ」

・・的に心を揺さぶったことと関係がない

と思われるでしょうけど。


お話したい大事な点はここからになります。


それは留学生がいわゆる授業料など『学納金』

と呼ばれるものを卒業まで支払い続け

かつ、卒業ができ、出身国へ戻るとあれば

問題はないのです。


しかし、必ずしも外国人、留学生は

裕福な家庭の者とは限らないでしょう。


経済的な問題を抱えつつ来日し

あるいは、就業を期待して

修学を続けようとする者もいるかもしれません。


ですが

言葉の壁などもあって

ドッペルアウト、落第、中退となる場合

深刻な事態へ通じる可能性もあるでしょう。


それでも、黙って

「国破れて山河あり!」

と、そのまま祖国に戻るならば

さざ波も立たないと思います。

(当人は悲しいかもしれませんが。)


ところが

そうはしない者もいるのではないでしょうか。


日本に来た以上は

「元を取り返したい」

とする者もいると思うのです。


日本の修学費用が

たとえば、東南アジア諸国の一般賃金から考えれば

高額であることは想像に難くなく


そのため、元を取り返したいとする者

あるいは錦を飾りたいとする者など

無理をして日本に留まることから

社会の治安を乱す元凶になるのではないか

と、考えるわけです。


いわゆる、不法就労者とはいかずとも

なんとなく日本社会に滞留する外国人になる

のではないか・・と。


拙はそれを危惧する次第。


そして、次のことを日本政府に訴えたい!

もっと目を凝らして

私立大学などの留学生見るべきであり

彼らがどのような経過を経て出身国に戻るのか

日本社会に根付くのか?

国民に明らかにすべき・・と。


ただ、現状は、残念なことに

そうした視点はなさそうであり

私立高校、私立大学の経営の安定化のみが

眼中にある様子。


留学生の受け入れ窓口を広げる動きのみを

持つように映るのです。


たとえば、こちら。

『教育無償化』

外国からの留学生まで含むの?

含まないの?

といった明確な区分は見えません。

どうするつもりでしょう。


国の資力、経済力には限度があり

日本人の修学者の支援であれば、いざ知らず

外国人を含むとなれば、困惑な面持ちになります。


ともあれ

政府は安直に外国人の受け入れなどと言わず

労働者同様、外国からの修学者・留学生に関し

しっかりした受け入れの『枠』を

固めておくべきと思うのです。


なお

今回、なぜ、これに触れたかと言えば

西日本新聞の記事を目に入れてのこと。


タイトルを付記します。

関心をお持ちの方は、ご覧になってください。

『留学生2割消えた 九州私大37校の退学・除籍 受け入れ急増で「ひずみ」も 少子化穴埋め焦る大学』

これから

日本の将来はとても不安定な社会に

なるのではないでしょうか。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ