慰安婦の日韓外相会談合意の10億円のほか、韓国は「おわびの手紙」を寄越せ?



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこれだ。
また韓国が持ち出した。
いわゆる【慰安婦】問題終着点の移動に繋がる
話だ。

『MOVING GOAL』に見えるできごとについて。

昨年12月28日の日韓外相会談で、【慰安婦】に
関し双方納得したと考えるのだが、実際はどう
なのだ。



1

日本が10億円を支出



2

安倍首相がおわびと反省を表明



3

韓国側は2度と蒸し返さないと確約



このうち、上から2つはすでに終了している。
アトは韓国が同じことを提議しないに尽きる!
と思うのだ。

日韓合意に基づく【慰安婦】支援として作られ
た韓国の「和解・癒やし財団」。

これが日本から拠出された 10 億円から存命の
【慰安婦】1人につき約1,000万円を支払う方針
とある。

基本的に韓国がそのようにしたければだ。
韓国自身でお決めになればよかろう。
と思う。

したがって、これに関し日本が韓国政府(同財
団)といわゆる【慰安婦】の間に介在するもの
はないと思う。

ただ、問題と思われるのは同財団が彼らが考え
る基本的なものに加え、アトから安倍晋三総理
大臣の名で【慰安婦】に対するこれを求めてい
ることだ。

「おわびの手紙」

どうやら、ゴールを動かす気のようだ。

変わるのか?日韓外相会談!
そして【慰安婦】問題をめぐる両政府の協議で
合意したのではなかったのか!

なんとも毎度のことながら

アト出しジャンケン

これが多い国であり、また常習的な人たちだ。

完全に日本の外交は言葉は悪いがこうか。

なめられている!

確か。
岸田外務大臣はこのような言葉を発していた!
と記憶するがそれは忘れたのだろうか?

日韓両政府は慰安婦問題に関し、不可逆的に
解決することを確認するとともに互いに非難す
ることを控えることで一致した。

であればだ。
日韓外相会談時の合意も不可逆的であるべきで
あろう。

現在、政府は韓国「和解・癒やし財団」からの
申し出「おわびの手紙」への返答をしていない
とのこと。

ともかく、今はよい。
これからだ。

その姿勢をしっかり貫き、毅然たる態度を示す
時はシッカリ示す!
ということを韓国人のみならず日本人にも見せ
てほしいものだ。

基本はとにかくこれだと思う。

慰安婦問題は不可逆的に解決

くどいながら政府間合意も不可逆的であるべき
であろう。

ということで、どこか酒を飲みながらのグチの
ような語りだが気持ちは純である。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ