民進党の蓮舫氏! 「自衛隊員の士気にも関わる。」と発言しない方がよい! 代表として自衛隊殉職隊員追悼式に参列したか?



オシマサです。


再び民進党の蓮舫代表に関して思う。

同代表は本日28日午前

民進党本部で記者会見を開いたとある。


そこで再び

稲田朋美防衛大臣の都議会議員選挙への応援発言で

このような言葉を発したようだ。


「もはや辞任のレベルではなく」

「安倍晋三首相がきちっと罷免すべきだ」


また、続けてこの言葉も。

自衛隊員の士気にも関わる。

「1日も早くお引き頂くことが」

「自衛隊員のためにも」

「国民の安全のためにベストだ」

(産経ニュースから引用)





そこまで言うか!という思いが立つ。

また、ずいぶんと大上段に振りかざしたものだ。

自衛隊員の士気」とは。


昨年度

平成 28 年度の自衛隊殉職隊員追悼式に

同代表は参列したか?

していないであろう。


民進党は大野元裕参院議員だけであろう。

よくもそのような大口を叩けたものと呆れる!


やはり、民進党は「有言不実行」の政党なのだ。

ポンコツ集団!


その念を強くするばかり。


ちなみに

過去、自衛隊殉職隊員追悼式に

現職の総理大臣で参席せずは、この人物である。


民進党の前身・民主党政権時の鳩山由紀夫氏のみ。

(当時、平野官房長官が代理)


つまり、民主党にしても、民進党にしても

政治家としてこのような場に参席しないこと。


これは国のために殉じた人たちに

敬意を持てない人たちなのだ。


その仲間の蓮舫代表が「自衛隊員の士気」云々を

言葉にするとは自衛隊員から見れば

「笑わせるな!」ではなかろうか。


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ