オシマサ です。


今回・・韓国軍の自衛隊機へのレーダー照射

12月20日、午前3時のできごと。
韓国駆逐艦『クァンゲト・デワン(おそらく、広開土王)』によるもの、海自第4航空団のP1哨戒機にレーダーを照射。日本のEEZ内の能登半島沖海上

※ 報道から

「韓国は敵だよね!」

「韓国、自衛隊機へ攻撃をしかける!」

と映る話題から、あれこれ思うこと。




とにかく

こちらに思考が向かうでしょう。


韓国、敵じゃん

抗議だけではダメでしょ!


レーダー照射、ロックオンなの?

・・へ。


今回の事象のポイントは

韓国から攻撃的な姿勢を頂戴したこと。


日本政府として、毅然たる、然るべき処置を

行うべきでしょう。


その如何によっては

将来、自衛隊、自衛官を

見殺しにする事態を招くことも

ないとは言えないでしょう。


注視です。


是非とも

然るべき処置・対応を行って欲しい案件かと。


多くの賢明な方、日本人であれば

そのように思うのではないでしょうか。


それにしても、韓国、常軌を逸してしまった!

信ずるに足るものがないことを、あらためて

さらけ出したようです。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)