韓国って「やっぱこういうとこなんだ」と思わせる奥茂治氏の出国禁止・取り調べ!



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回はこちら。

韓国って危ない国だな!

・・と思うこと。

あの奥茂治氏が韓国に向かい仁川空港内で同国の警察に
逮捕されたとあるのです。

奥茂治氏と言えば、かの吉田清治氏が朝鮮半島で女性を
強制連行したなどと、虚偽で韓国内に建てた「慰安婦謝
罪碑」を、同氏のご長男の依頼を受け「慰霊碑」に書き
換えを行ったとされる沖縄在住の元自衛官の方。

碑で変えた内容は産経新聞を見ると、元の碑文の上に次
の内容を韓国語で記し張り付けたとあります。
慰霊碑 吉田雄兎 日本国 福岡」

何が違うかと言えば。

『謝罪碑』の語が抜けた!代わりに『慰霊碑』が入った!

ということ。
慰安婦を強制して集めた事実はないわけで、そのための
謝罪は必要ないとしたのです。
当然でありましょう。

また、逮捕は24日、もともとは韓国側から出頭の要請が
あり、それに応じたことで今回の件に至ったようです。

続いて、産経などいくつかの報道各紙を見る限り。

「韓国では吉田証言の嘘について認知されていない。裁判ではっきりと説明していきたい」

と述べていたともあり、韓国に向かったのはこの説明を
行う意図もあったのでしょう。
なお、25日未明に拘束を解かれホテルで宿泊待機の状態
とありますが、同時に取り調べのため出国禁止、事実上
の軟禁状態の様子。

ところで、今回の件で韓国という国家、同国社会を目を
凝らし見ると。
韓国と韓国人が考えること以外は、すべて「悪」となる
のでしょう。

韓国での通念が絶対視され、その中の考えで他者による持ち込みもので修正が生じても、自らの立場を損ねるものであれば、受け付けない

このような社会であり、国家であり、国民と言えるので
しょう。

自己中心的、独善的世界観を持つ人たちとの認識を深め
ると同時にますます韓国を相容れない対象と思うのです。

そして、今後の奥茂治氏の扱いが気になるところ。
早期にあるべき姿に復すことを願うばかり。

ともあれ、北朝鮮に対し人権云々などと韓国に語る資格
なしとわかる一事でもあるでしょう。

韓国 奥茂治

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ