河野太郎外相のASEAN会合、EAS外相会議での発言などを見て思う!



オシマサの広場へ、ようこそ!


今回は河野太郎外相の姿から思うこと。





場所、場面は

ASEAN会合・東アジアサミット(EAS)

外相会議(外相会談)

・・での姿を見て。


と言っても

報道・メディアから流れるもの。

これらを外観しての話であるのだが。


まず

河野太郎外相は

「よくぞ言ってくれた」

であろう。


一部では

不用意な動きと思われるお辞儀も見られたが

それ以上に毅然たる発言、姿勢が

目立ったのではないか!


そこで、取り上げてみると

たとえば

中国による南シナ海への進出の動きを牽制する!

・・発言がある。


だが、それを受けた

中国・王毅外相もこの言葉で反応する。

「あなたの発言を聞き、率直に言って失望した」

また

河野太郎外相は、これを上手くいなし返している。

「中国には大国としての振る舞い方を身につけていただく必要がある」

これは大したものではなかろうか。

門外漢が高いところから

ものを語るのは非礼の極みかもしれないが

率直にそのように思う。


しかし、持ち上げておいて恐縮だが

『言葉で毅然とした姿勢を示した!』

これは大切なことではあるが

十分なものと安心できるものではない。


中国・王毅外相は当然、本国に戻れば

習近平国家主席に日本の姿勢を報告し

伝えるのだろう。


とすれば

河野太郎外相の姿勢が気に入るものではなく

変えたいものであれば

物理的な行動に出ることは

十分考えられるのではないか!


たとえば、過去生じたものから

ランダムに挙げると(他にもあると思うが。)

1  尖閣諸島への漁船の襲来
2  小笠原諸島への漁船の襲来
3  海警局の船舶の領海侵入
4  中国海軍艦艇の領海侵入

中でも多いと思われるのは

尖閣諸島周辺海域の領海侵入。


最近、日本本土の近海でも

領海侵入が認められている事態だ。


十分起こりうると見てよいか・・と。


この傾向に拍車がかかるかもしれない。


つまり

中国はこう考えるのではないか

「ちょいと、日本を懲らしめてやれ。」

・・と。


なぜなら

王毅外相の発言には失望の意の他に

表現されたものとして、これがある。


河野太郎外相の南シナ海問題発言に関して

「米国があなたに与えた任務のような感じがした」
(産経 2017年8月8日)

それは、背後に米国がいて

「その従者として中国に対するつもりなのか?」

・・の問いかけなのであろう。


さらに読めば、その先には

「それならこちらにも考えがある」

と捉えられるからだ。


ゆえに

毅然たる姿勢は評価されるものとしても

今後、防衛省、国土交通省(海上保安庁)と

緊密な連携は必要であろう。


かつ

中国が繰り出すと予測される行為への予防策

関係省庁とその具体化を図ることが肝要か。

(釈迦に説法と思いつつもだ。)


この中に

首相官邸が入ることは言うまでもない。


何にせよ「言うだけ番長」ではダメ!

と思うのだ。


河野太郎外相の外相就任前までのブログ記事を

見る限り。


そのような人物ではないと思うが。

期待度が高いだけに頭に浮かぶものも多い!


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ