自民党総裁選、9月7日告示、候補者立ち上がる! なぜか、立憲民主党が延期せよ?



オシマサ です。


今回は自民党総裁選に関して、少々思うこと。





と言っても、9月7日告示ではじまった!

それが言いたいだけ。


自民党の広報関連資料に目を通すとこんな感じ。

9月7日、党総裁選挙管理委員会は

総裁選挙の告示に伴う候補者推薦届の受付けを

行ったとあります。




候補者は今まで名前が挙がっていた方々

安倍晋三氏・・現首相

石破茂

このお二人。


7-9日は災害対応もあって自粛とありつつも

すでに石破茂氏は自らの政策を訴えていますし

安倍首相も10日以降から力を入れる模様。


今後の動きは注目でしょう。

投開票は9月20日


と、インフォメーションを行いましたが

この行動に異議を唱える動きが自民党外から

見られます。

真に異なこと。


すでに

数々の災害対応のため、安倍首相の奔走の姿が

目に入りますが、その動きを見てけん制の意味か

自らの支持基盤の脆弱さを憂いてか?


総裁選延期を石破茂氏が唱えていることは

多くの方々が承知しているところでしょう。


ところが、おかしなことに

その支援に回るかに映る野党議員がいるのです。


それが立憲民主党福山哲郎氏。

なにゆえ、石破茂氏の思いを汲み取りたいのか?


単に安倍首相憎し!

その存念だけでしょうか?

是非、この記事をご一読願いたいものです。

立民・福山哲郎幹事長「討論会少なく残念」
https://www.sankei.com/politics/news/180907/plt1809070027-n1.html
(産経9月7日)

一種、得体のしれない気持ちの悪さを

感じさせますが


まずは、立憲民主党、足元を固めることが

先決でしょう。


それとも、これの見返り?

石破茂氏の発言

「激しい批判をする野党の後ろにも国民はいる」


(この時点で

石破茂氏は野党党首になるべきと思いますが

どうでしょう。)


さておき、福山哲郎氏には

「自民党員ではないのに、余計なことを言うな」

と、発したくなります。


いずれにしても

怪しき者の動きを後々の方々に残せるように

拙なりに日々ウオッチへ励みたいか・・と。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ