飯島勲内閣官房参与、対北朝鮮でそんなこと話していいの? 勇み足かもよ!



オシマサ です。


今回は飯島勲内閣官房参与の発言で思うこと

・・です。





同参与は、BSフジで

陸上配備型迎撃ミサイルシステム

『イージス・アショアの導入』に触れたとあり

※ 時事ドットコム22日 


何と

「トランプ米大統領に押し付けられて

購入する状態だ」

なんてことを語っているのです。


言う、語るは勝手と言っても

立場が内閣に関わるだけに・・ですよ。


外に漏らしてよいか、どうか?

十分問われるべき発言と見なしますが

これをご覧の方々はどのように思われますか。


また、このようにも語っている様子。

朝日新聞(23日)からです。

安倍晋三首相が(金正恩朝鮮労働党委員長に)じかに会って、安否情報で生きている、死んでいるって、このカードをもらって触っちゃったら、内閣吹っ飛びますよ。だから交渉人が必要になってくる。今度の交渉人は格好良くない。政治家だったら次の選挙で落選するくらいの難しいものを背負いながら、どうやって安倍―金会談に持っていくかっていう、いばらの道の役目。外交官では無理ですよ。

これって

拉致被害者はすでに「亡くなっている?」

そういう意味なんでしょうか?


もし、そうなら

日朝交渉で、いざ拉致問題でふたを開けたら

「今まで何をしていたのか」

との声が国内で上がる?


それを、おそれてのことでしょうか。


それで

『内閣が吹っ飛ぶ』

・・?


疑問のフラグは立ってきます。


また、これはいいんでしょうか。

北朝鮮は日本の経済支援を期待しているっていう説が多いけど、まったくウソで、日本は眼中にないんですよ。

ものすごい暴言に映りますけど。


実際、北朝鮮と交渉を模索している

現場担当の思いはどう?


こんな話が伝わって来たなら

やる気をそがれるでしょう。


もう一度、言いましょう。

どうなんですか・・ね。

(役人の気持ちはわかりませんが。)


そもそも、何の根拠があって

そんな話をされるのか、内閣府に対して

いぶかしげになると思いますが

どうでしょう。


不思議なことです。


ただ、もしかすると

政府の、つまり内閣府の北朝鮮担当

ほかの交渉を行っている現場などは


「拉致被害者の話は進展しようもない」

と、見なしている?

・・ので


どこかで、国民に「しようがないか」

と思わせたいのかもしれません。


そこで、飯島勲内閣官房参与から

発言してもらっている?

(同参与に悪者になってもらっている?)


そんなことも頭には浮かぶのですが

どうでしょう。


とにかく、北朝鮮対応、政府、内閣府内でも

前に出たい者

「ま、いいじゃないか」と言いたい者

何気に混在している!


それをイメージさせるには

十分な発言でしょう。


オシマサ、僭越ながら、斯く思うのです。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ