「イラン産原油買うな」と米国から言われた日本、どうする?



オシマサです。


今回は

米国とイランの関係がかなり際立った

そんな段階に至ったか、と思うことです。


どうやら、今の時点で

米国は日本へイラン産の原油の輸入は

「やめてくれ」

と来たようです。


それで、報道メディア、左翼関係者は

安倍が悪い、トランプに騙されたとか

言っている様子。


でもね。

この話って、トランプ大統領が就任する前から

同大統領はイランを

「ケシカラン」

言い続けてきたわけですよ。


その果ての話でしょう。


特に、昨年12月28日ごろから

イランで起きたデモ騒動に関して

ツイッターで

「イラン国民、ヤレ、ヤレ!」

なんて感じでも、あったわけですから

真実はともかく・・ね。

今さら

「エーッ」て話でもないでしょう。


ですからね。

日本政府は、いつか、この事態に至ることは

承知していたと思いますよ。


それ相応に対応する手はずは

整えていると思われますが、どうでしょう。

明日から、もっと目を開けます。


ちなみに

日本が輸入する原油全量の6.7%がイラン産

とあります。(2016年統計)


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ