衆議院補欠選挙「東京10区」「福岡6区」の投開票日! 有権者は何を期待し判断する?



オシマサの広場へ、ようこそ!

今回は10月23日の大きなできごと。
衆議院補欠選挙の投票が終わった。

即日開票なので、今作業は進行しているのだろう。

だが、報道・メディアから表れる本選挙。
このように今までの予想どおり当確と表れている。
(2016.10.23 20:10)

 東京10区  若狭勝
 福岡6区  鳩山二郎

※ 敬称略

衆議院補欠選挙

まずは日程からおさらいしてみる。

 選挙区  告示日  投開票日
 東京10区  10月11日  10月23日
 福岡6区  10月11日  10月23日



今回の衆議院補欠選挙。
いろいろとまことしやかに語られる部分もあるが
基本に立ち返るとこうであろう。

「東京10区」は東京都知事選挙立候補に伴う!
小池百合子氏の失職による空席。

「福岡 6区」は鳩山邦夫氏が亡くなったこと。
それに伴う空席。

基本的にこれらの空席を埋めるための選挙だ。


東京10区立候補者

 若狭勝  自民党
 鈴木庸介  民進党
 吉井利光  幸福実現党



福岡 6区立候補者

 蔵内謙  無所属
 鳩山二郎  無所属
 新井富美子  民進党
 西原忠弘  幸福実現党



ただ、時の流れで第 3次安倍晋三改造内閣初めて
の国政選挙でもある。

そのため、安倍首相はじめ政権中枢はとても意識
しているのではないか。

そう思うのは、噂に挙がる次の衆議院解散に踏み
込む。
その判断材料になるかもしれないからだ。

ゆえに補欠選挙と言いながらも力の出し惜しみは
できないと思う。

もう少し言葉を続けると。
二重国籍問題で欺瞞に満ちた言動の蓮舫代表率い
る民進党の新人候補がどこまで票を伸ばせるか。
そちらも気になるところ。

特に民進党は共産党、自由党、社民党と野党共闘
の形を作っている。

このあたりも世間にどのぐらいの認知度を持って
迎えられているのか。
その試金石にもなるであろう。
(衆議院議員の選挙として)

ともかく、該当選挙区の有権者がどのように判断
するのか!
注目だ。



ところで、いつも頭の中にかすめる思いを一つ。

「東京10区」「福岡6区」の立候補者の扱いだが
報道・メディアは大きく見るとこのような表現が
多い。

〇 自民党候補
〇 自民党追加公認見込みの無所属候補
〇 民進党候補
〇 諸派

不思議なのは諸派。
立候補者氏名をネットで検索すると幸福実現党に
突き当たる。

すべての報道メディアが、意図的に同党の名称を
隠しているのか。
それはわからない。

ただ、同党の性格云々は横において。
もし、わかっているなら名称を挙げた方が fair
公正な気はする。

まあ、勝手ながら政党交付金(助成金)を受ける
政党要件を有していない!
それが理由と解釈はしている。

とはいえ、同党が政治に関わる云々は有権者が考
えればよいだろう。
せめて掲げる看板は同様に表すべきと捉えるのだ。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ