「陸上自衛隊が来ると婦女暴行事件が起こる」はヘイトではないか? また宮古島の某市議は差別主義者なのか?



婦女暴行 差別主義

オシマサの広場へ、ようこそ!

ぼんやりしながらも、あれこれと世間の話に
耳を傾けるとこういうものに出会った。

陸上自衛隊がやってくるとだ。
婦女暴行事件があちらこちらで起きてもおか
しくない状態になるそうだ。

まあ、そんなような趣旨のことを FACEBOOK
で書きこんだらしい。

すると、勢いよく広がりいわゆる炎上という
状態になったようだ。

炎上になるかどうかはさほど興味のある話で
はない。
しかし、誹謗中傷もさんざん国会の質疑の中
で承知しているところだが、地方議会議員も
負けじとやるもんだ!
とあらためて思う次第。

当該、地方議会の議員は沖縄県の宮古島市議
の石嶺香織氏だ。

いくら言論の自由とはいえ、ここまで差別的
な言葉を出力できるものかと呆れるとともに
門外漢ながらも怒りを禁じえないところか。

ザクッとだが、表してみるとこういうものにな
る。(同氏の言葉の一部だ。)


海兵隊からこのような訓練を受けた陸上自衛
隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対
に婦女暴行事件が起こる。
軍隊とはそういうもの。
沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明
している。
宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではな
い。
米軍の海兵隊から訓練を受けた自衛隊なのだ。
私は娘を危険な目に合わせたくない。
宮古島に暮らす女性たち、女の子たちも。



ずいぶんと高飛車だ。
また、他者を小ばかにした表現であり、無礼
かつ失礼というものであろう。
結果、これで多くの批判、非難が集中したと
ある。
まず、それは当然であろう。
普通の感覚の持ち主であれば賛同できまい。

それで、書きこんだ石嶺香織氏は慌てたよ
うだ。
弁明を表している。

それの大きなところがこれだ。


私が批判しているのは、自衛隊員個々の人格
に対してではなく、戦争のための軍隊という
仕組みに対してです。

・・・・・
私は、現在の自衛隊という組織が米軍と一体
化して、専守防衛の枠を外れつつあることに
強い危機感を持っています。
海兵隊は人を殺すことに対して感情を殺すよ
うに訓練されています。

・・・・・
殺してもなんとも思わないようになっていれ
ば、婦女暴行をしても何も思わないでしょう。

・・・・・


結局、弁明が弁明になっていないようだ。
これでは火に油を注ぐのと同じであろう。

単に殺す訓練を受けているから「やはり婦女
暴行する強姦魔になるんだよー!」
と言って
いるようにしか聞こえてこない。

愚かなことだ。
このことは単純にだ。
石嶺香織氏が狭いものの見方しかできない!
差別主義者の証左なのであろう。

気になったので、Twitterはじめネットの世
界も見てみるといろいろある。

日ごろからチェックしている人は間髪入れず
に新たな情報を流している。
しかも画像付きだ。

正直、この石嶺香織氏は頭の中にまったくな
かったというか、眼中に入っていなかった。

だが、今回の件から社民党との関わりがある。
そのことは察する。

福島瑞穂氏のとなりで話を聞く姿などがいく
つか目に入るからだ。

「南西諸島への陸自配備撤回などを求める政
府交渉」で一緒だったようだ。

琉球新報 2月28日配信の中でその画像を見る
ことはできる。

ちなみにタイトルはこれだ。

陸自配備の矛盾指摘 市民団体が政府交渉

また、福島瑞穂氏は Twitter のつぶやきで
石嶺香織氏に触れている。


もう少し続けると、石嶺香織氏は市議の補欠
選挙で 1月に当選とある。

折からの自衛隊のミサイル配備問題で揺れる
同島で反対を訴え、ママさんグループの「て
ぃだぬふぁ(太陽の子)の会」をバックにし
ての議員入りのようだ。

とすると、そもそも自衛隊に対し悪感情を持
っているグループの代表者であろう。

であれば、さもありなん。

ともかくだ。
このような言葉を発する市議を今後どのよう
に宮古島市並びに市民である島民が対応して
いくのか興味深い。

しかし、どうあれ。
職業差別に見える言葉は良くない!
同様の考えを持つ同氏の支援者もいるのだろ
うが、これこそよく言われる「ヘイト」であ
ろう。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

婦女暴行 差別主義


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ