宮古島市議会の自浄作用か! 陸上自衛隊へのヘイト発言の石嶺香織氏に辞職勧告! 今後宮古島市はどう動く?



宮古島 辞職勧告

オシマサの広場へ、ようこそ!

先日俺も触れたが世間はもっと熱く視線を投げ
かけているようだ。

宮古島市議の石嶺香織氏のこと。

陸上自衛隊がやってくると宮古島のあちらこち
らで、婦女暴行事件が起きてもおかしくない!
このような趣旨のヘイト攻撃内容を FACEBOOK
に書きこんだ宮古島市議会の議員だ。

だが、21日宮古島市議会は善なる道を選択した
ようだ。

ヘイト攻撃発言の市議石嶺香織氏に対してだ。
『辞職勧告』を行ったとある。

当然と思う。
そして、宮古島市議会の結果だ。

 賛成  20
 反対  3
 欠席  1

辞職勧告決議を賛成多数で可決となったとある。
(産経ニュースから)

石嶺香織氏は自身は神のつもりで、あのような
発言をしたのであろうか。
それはわからないが猛省し辞職すべきであろう。

しかし、可決されたが石嶺香織氏本人は辞職を
拒否しているとある。
今後の行方は宮古島市によるのだろう。

ただ、宮古島市の予算の多くが依存財源であれ
ばだ。
こうした不適切行為を行う市議会議員の存在は
同市に大きな損失かと思われる。

そして、石嶺香織氏がヘイト攻撃をした対象は
自衛隊だ。
彼らは常に危難に向かって行く立場の者たちで
はないか。
日本国民全員がウオッチして見ていくべきであ
ろう。

そうでなければ自衛隊の士気にも影響を与えか
ねないと思う。

また、今回の辞職勧告は宮古島市議会議員全員
が賛同したわけではない。

反対者 3名と事実上反対と思われる欠席者 1名
がいるのだ。
あれほどのヘイト攻撃があっても議員辞職には
あたらないと考えているのだろうか。

つまり、この 4名も石嶺香織氏ほどのヘイト差
別主義者ではないとしてもだ。
多分にその傾向を持った者たちかもしれない。

でなければだ。
こうした差別的発言には断固として正義を貫く!
行動を取ると思うのだ。



ところで、怪しい者に怪しいことはひとつだけ
で済まないようだ。

石嶺香織氏は今度は月収制限を超える県営団地
に入居しているとある。

まあ、これには何らかの背景もあるかもしれな
いので、一概に決めつけられない。

だが、同氏が入居したことで市議会議員の所得
より低い者がその希望をはね付けられた!

そのような事実がもしあるのであれば、問題と
なるのかもしれない。

この部分も含めて宮古島市の見識に委ねるしか
ないのであろう。

ともかくだ。
公職に就く者は言動に注意すべきではないか。
しかも沖縄県、南西諸島の島でのできごとだ。
東シナ海の現状を考えて発言すべきであろう。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

宮古島 辞職勧告


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ