日本政府、小野寺防衛相は気骨を見せた! 海自、自衛艦旗(旭日旗)で、韓国へ!






オシマサ です。


今回は、はじめに拙の勇み足を謝罪するとともに

海上自衛隊の誇りと思われる自衛艦旗を掲げて

韓国に向かうこと。

これを嬉しく思うのです。


先回の拙のブログ記事では

韓国に言われっぱなしと思い

自民党現政権の不甲斐なさを責めました。


しかし、拙の見立て違いであった様子。

先走った点、申し訳なく思う次第です。


防衛省・・小野寺防衛相は

韓国の要求には屈しないとのこと。


自衛艦旗、いわゆる旭日旗を畳めと映る

韓国の要求には応じず!


堂々と

海上自衛隊の艦艇を済州島へ向かわせる様子。


ただ

朝日新聞、さらには報道大元の中央日報は

どこか、日本側を責め立てたい様子。


韓国国民の考えを強調する論調に映りますが

日本はわざわざ、それに一つ一つ応える必要は

ないでしょう。


もし、韓国が、自衛艦の入港を拒否し

さらには韓国の観艦式への参加を拒むなら

日本は・・

海上自衛隊は・・参加しなければよいのです。


ともあれ、小野寺防衛相の気骨ある行動を

歓迎するばかり。


ここに思いを同じくする

すばらしい、ツイートをいくつか引用します。




いずれも同感の至り。


なお、小野寺防衛相・・

いっそ、韓国の非礼を指摘するぐらいであれば

今後への忠告にもなったとも思うわけですが

いかがでしょう。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ