オシマサ です。


今回はこちら。

韓国、いよいよ三菱重工業の資産差し押さえ!やれば、半島に向かう日本企業も考えるか?

です。


はじめに、報道記事の引用内容から

韓国最高裁が三菱重工業に賠償を命じた元徴用工らの訴訟で、原告弁護団は4日、同社の商標、特許など韓国国内資産について、強制執行(差し押さえ)の手続きを近く開始すると表明(時事 3月4日)

「ついにやったか」

でしょう。


こうなれば、さっさと韓国側には

行動を起こして欲しいものです。


三菱重工には痛い出来事になるでしょうけど。


それを見たほかの日本企業・会社は目が覚め

韓国から撤退、また進出見直し

韓国人労働者の採用を見直すと思うのです。


ですから

「韓国、ガンバ!」

「やれ、早く、資産を差し押さえろ」

と。


妙に、心の奥底から

何かフツフツと沸き立つものを感じています。


しかし、それにしても、日本政府

何か手を打つ施策があるのでしょうか。


こちらも韓国以上に懐疑的にならざるを得ません。


ちょっと、こちらのツイッター投稿と記事を見ると

歯がゆくなってきます。




極めて 深刻

・・って何?

これは今まで多用した 遺憾

と、どう違うのでしょう。


レベルは上?

それとも下?

気になりますよね。


どこまで、日本は韓国に貶められたら

よいのでしょうか。


日本政府はマゾヒスト集団なのか?

と思いたくもなります。


変です。

しっかりして欲しいものです。


ともあれ

韓国

韓国人労働者が大挙して日本に向かうであろう

新年度前にチャチャッと行動を起こして


昼行燈に見える日本政府と多くの日本人の目を

覚ましてください。


その点だけは期待しますから。


今回はいささか投げやり的な姿勢となりましたが

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

追記

あとで、ツイッターを見たら

同感できる方の投稿です。

まったくそのとおりでしょう。

(追記おわり)