日本国内に在日の国ができるか? 素朴に可能と思う!



オシマサです。


今回はツイッターで興味深いツイートを

見つけました。


ですので

こちらを少々、紹介したいと思います。

実は、こちら

最初は、ツイッターでツイートした方の言葉

と思っていましたが、そうではないのです。


在日韓国人の方の発言を引用して

表されているのです。


少々、突飛な感じもしますが

ただ、現実を考えれば、ありえない話では

ありませんよね。



基本的に、地方参政権がOKになれば。


日本には人口100万人も届かない

「県」はあります。


また、数万、数千人の市町村はあるのです。


そこに一気に住民票を移して

みなで投票すれば、できるかもしれません。


合法的ですし、その時は

誰も在日外国人を責めることはできない

と思います。


その場合

選挙に関心がない日本人が悪いのです。

その時、選挙へ行かず、ぼやく日本人がいるなら

それは「あなたが悪いのです」

ということになるでしょう。


残念ですが。


また、拙の身近な親せきも投票には行きません。

拙は将来が見える思いです。


おそらく、この在日韓国人の語る現実は

遠からず来るでしょう。


ですから、拙は家と墓は処分して

拙が死んだ際には、骨を川へ流せと言っています。

※ 韓国国内の日本人の墓石は建材化の話あり。


まあ、この部分は余談ですけど。


ともあれ、時代は

真の 弱肉強食時代 に入っている。

ということでしょう。

日本人が優れているとか

強いなんて思う方は

大きな考え違いをしていますよ。


日本人は世界から見れば遅れているでしょう。

自分の国の歴史を知りませんし

知ろうという人も少ないのですから。

すでに、日本人としての同質性を失っている!

そうではないでしょうか。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ