オシマサ です。


今回はこちらのツイートを目に入れて

素朴に思うこと。




ツイートから連なる時事さんの記事から

拙の一つの考えを引っ張り出すと

北朝鮮から日本海側地域に漂流、漂着することは

難しいことではない様子。


ただし

『生き死に』の区別がない場合の話。


漂流・漂着件数に関しては

時事さんの記事をご覧になっていただければ

と存じますが、2018年度は100件を超えるほど。


政府と海上保安庁は当然、目を向けている!

とは思われますが、一般国民も看過できるものでは

ないことを承知すべきでしょう。


対象地域の13道県で、新潟、石川、秋田、青森

そして、島根の順で多かったとあるのです。


これは北朝鮮がその気になり

自国にある船舶を利用し、自国民を強制的に

何万、何10万と日本へ向けて進発させれば


たとえ、その生存率が低くても

母数の大きさに見合った分だけ

日本へ送り込むことが可能と見ても

おかしくはないと思われるのです。

いかがでしょうか。


また

到達すると思われる日本海側は

太平洋側と比較すれば人口の希薄な地域!


彼らが根を下ろすには最適な箇所となるのでは

ないでしょうか。

住んでしまえば、我が天国、楽園とできるのでは?

何と言っても、日本はそのような強硬手段で

多数の外国人が入国を試みた場合

対応の意志も、術もないでしょう。


「ありますか?」

事実上お手上げと思うのです。


なぜなら、今までの日本政府の対応を思い起こせば

『お手上げ』は想像に難くないでしょう。


大概、半島の話題になると、抗議と遺憾の意を

示すのみ。

実行が伴った話題は聞いたことがありません。


逆に

日韓議員連盟がテキトーかましエヘラオホラと

醜態をさらす姿と話題はあるでしょうけど。


肝心要の前を向いたものはないと思うのです。


さらに

野党各党

〇 立憲民主党

〇 国民民主党

〇 自由党

〇 社民党

〇 共産党


これらは必ずや「かわいそう」とか

「難民に罪はない」などの理由を付けるのでは

ないでしょうか。


その結果

国内に混乱を招き、騒擾状態を形成する

流れを作るかもしれません。


過去の半島に向けた姿勢から

これも想像に難くないでしょう。


つまり、時事さんのツイート、記事から

北朝鮮は正規軍の武力を伴わなくても

難民を装う手法で、いつでも日本を制圧できる

と捉えることができるかと。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)