国壊議員、立憲民主党・辻元清美、救命救助の災害対処時に内閣不信任案提出か?



オシマサ です。


今回は立憲民主党の国会議員

辻元清美氏に関して思うこと。


この人物・議員は、自ら国壊議員と名乗るとおり

党利党略、己の感情のみで行動する様子。





いまだに10日に向けて内閣不信任案を提出し

国会の動きを遅延させたい考えがある

とされるのです。


日本の現状を考えれば

国会議員は皆、本来の公務に精励すべきでしょう。


特に、今の日本国内の状況を見れば

西日本の水害に伴う被災状況は甚大なのです。


政府の手足を縛る動きを成してはイカン!

・・と。


それゆえ、立憲民主党はじめの愚かな野党諸氏は

正しき道を歩んで欲しいものです。


とりわけ、「安倍首相の嫌がる時に

と語る辻元清美氏の姿勢・行動は言語道断!

強く批判されるべき対象ではないでしょうか。


ここで、ネットの中を見ると

拙と考えを同じくする方もいます。


少々、そちらの方々のお言葉も頂戴してみます。


「辻元清美議員のあげているポイントが

内閣に関係なくて笑えるんやけど」


お話の対象はこれですが、官僚のこと。

文書の改ざん、虚偽答弁、セクハラ、裏口入学まで異常な内閣 → 内閣関係ないよ!

「異常は彼方そのものです」

確かに・・公金横領疑惑、生コン死亡事件疑惑など。


「あの人悪いヤツやでぇ!って前科者に言われてもね」


「大水害で政府が緊急対応迫られているときに

邪魔ばかりする立憲民主党・辻元清美」


ほかにも多くありますが

収攬したお言葉を選ばせていただきました。


やはり、多くの方々は、いったい何が正しく

そして、怪しい存在は何であるのか

よく、ご承知のようです。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ