ジブチ訪問・稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝、15日なし! スマップ解散話でボケる?



オシマサの広場へ、ようこそ!

突然だが世間の注目内容にもランク(?)がある!
とあらためて気づいた次第。

グレーなもやもやした分野の関心をそらす?
そのために芸能分野の話題が効果抜群か。

ややうがち気味なものの見方をしてしまった。

はじめに、今さら感はあるがグレーかつもやもや
した分野の内容はこれだ。

稲田朋美防衛大臣の8月15日の靖国神社参拝!
これがジブチ訪問のためその可能性がなくなった。
ことだ。

中国から名指しで靖国神社参拝はまかりならん!
と要求されていたこと。
さらに岸田文雄外務大臣が「その方、控えおれ!」
と言わんばかりのコメントを出していたこと。

こうしたこともあってか。
稲田朋美防衛大臣は落としどころを考えたのか。

中国に言われて行かないのではないぞ!
公務で行かないのだぞ!
と、形を整えたようにも見える。

想像だけで言葉にしているが、同時に胸中察する
ものもある。

苦肉の策であったのだろう。
どんなことがあってもだ。

外圧に屈した形は回避したかった。
それであろう。

また、総理官邸はもっと先を見てのことかもしれ
ない。

たとえば、今後の憲法改正論議を高めて行く際の
障害とならないようにするため。

無用な騒動の種は減らしたい!
と考えたのではないか!ということだ。

話は堂々巡りになるが。

稲田朋美防衛大臣の就任時、世間では8月15日に
同大臣は必ず例年どおり靖国神社を参拝する。
・・と思っていたであろう。

ところが、いろいろとこの件に関し期待が膨らみ
つつあった矢先のジブチ訪問である。
ゆえに多くの憶測を呼んでしまったらしい。

その渦中、安倍政権は参拝しても困る!
しなくても困る!
といったところか。

そんな折に降ってわいたかのように冒頭で触れた
芸能分野の話題があるのだ。

何かといえば、8月14日の未明から始まる突然の
スマップ解散!
芸能分野の話だ。

解散を報道・メディアが大きく取り上げているの
だ。

そもそも、このスマップ解散は今年の 1月頃から
尾を引くものらしい。

話題の中には解散したら地震が起こる!ものまで
あるぐらいだ。

ちょいと、多くの人々への浸透率が高かった!の
だろう。

特にこの地震付きの話題は昨年の12月の末。
Twitterのつぶやきで登場したともある。

『某人気グループ解散後』
『6日後に関西方面で大地震』

有難くない話題として取り上げられた!
これが出発点らしい。

また当時、某人気グループの具体的な名称は出て
いなかった。

が、昨年暮れから年明けにかけ解散騒動があった
ことから。
そのグループはスマップへ。
年明け後は断定的な扱い!

そのあたりからスマップが解散!
地震が起こるという予言めいたことになっている
らしい。

「バヌアツの法則」よりオカルト色が強い!
が、多くの人が気にかける話題として。
かなりインパクトのあるものには見える。

寄り道のようになってしまった。話を戻す。
ともかく、示し合わせたようにだ。
このスマップの話題が登場した。

安倍政権には批判的な視線が集中する困った時に
「よくぞ」出てきた救世主だろう?

また、韓国の一部国会議員が竹島に上陸しており
安倍政権の弱腰を批判する声も高まる?
これも懸念されると思うからだ。

もう一度、戻す。
偶然云々はともかく、8月15日の靖国神社参拝を
世間一般からボカすフィルターの役割をスマップ
の話題がしてくれた。
これはほぼ間違いなかろう。

もちろん、すべての視線を打ち消す。
それは無理とは思う。

しかし、それでもだ。
稲田朋美防衛大臣が靖国神社の参拝を8月15日に
しない件とジブチ訪問の件をネガテイブに取り上
げようとする動き。
これを和らげたようには見える。

安倍政権が芸能界と仲良しなのかどうか?
そのあたりは不明だが、8月14日にこの話が飛び
出したのはある種の安倍政権の強運さの一つかも
しれない。

何はともあれ、足すことも引くこともできない
ような事柄にそれを薄める話題が登場する時も
あるようだ。

俺、オシマサ、かく思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ