防衛計画の大綱と次期中期防から、サイバー対処、F35B、いずもの改修は自立心の表れ?






オシマサ です。


今回はいつも以上に生意気モードで

拙は日本の防衛に迫ってみます。


と言っても、触れる対象は

報道で表れる程度の内容ですので

馴染みのある範疇、ともあれ進めることに

・・。


昨日18日、防衛計画の大綱次期中期防

(次期中期防衛力整備計画)

閣議決定なされたとありました。


中身は基本、中国の軍拡、海洋進出対処

加えて

北朝鮮の弾道ミサイル対処を考慮したものと

思われますが


まずは日本が独立国として

自立の意識を持った、自立心のある内容に映り

歓迎すべきものでしょう。


拙はそのように捉えています。


そこで

防衛計画の大綱から、大きな枠組みだけ

引っ張ってきますと、こんな感じかと。


はじめに、前提はこちらと思われます。

日本を取り巻く安全保障環境について、中国が、海上・航空戦力を中心に軍事力を急速に強化し、宇宙やサイバー空間でも優位に立つことを目指しているほか、北朝鮮の核・弾道ミサイルの脅威も本質的には変化していないなどとして、格段に速いスピードで厳しさを増していると指摘(産経12月18日『新たな防衛計画の大綱 閣議決定 大型護衛艦 を「空母化」へ』から引用)

そこで大綱の考えは

基本とすべき概念に『多次元統合防衛力』を掲げ、陸海空三自衛隊の統合運用範囲を、宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域にまで拡大することを目指すとしているところ。

とあるのです。


これを骨として、次期中期防は

5年間にわたる防衛予算の枠組みを

27兆円超えとしています。

※ 27兆4700億円程度:NHK


続いて

その買い物リストのあらましを見ると

日本国、日本政府の意志が表れたもの

と映りますが、どうでしょう。


陸海空、それぞれの大きなものは次のとおりかと


陸上自衛隊

● 迎撃ミサイルシステムの部隊整備

『イージス・アショア』

● 射程数百キロの『滑空弾』の開発


海上自衛隊

● 護衛艦『いずも』の改修

F35Bの発艦、着艦仕様

※ 同型艦『かが』も考慮されるかも?

● 機雷除去可能な新型護衛艦10隻導入

● 無人潜水機の配備


航空自衛隊

● F35B:42機(大綱の数値)

5年で18機

● F35A:追加で63機(大綱の数値)

5年で27機

● 宇宙専門部隊の新設


※ 産経紙、NHK報道を参照


ザクッと眺めるとこんな感じですね。


金額的には増えたのかもしれませんが

実際はまだまだ増やしてもよい気がします。


が、ここはふところとの相談結果

と見なすべきなのでしょう。


また、これだけの防衛力の整備のために

ほかを犠牲にしているところも

あるように思われます。

防衛省がF35の国内組み立てから退く考えを持っている様子。調達コスト削減とありますが、米国との貿易収支の帳尻合わせで扱われた感じもします。米国としては完成品を買ってもらった方がよいのでしょう。

そのためか、100%もろ手を上げて

「万歳」

と声を上げるのは早計ですよね。


それでも、今までの消極的な防衛姿勢から

積極的に悪い芽は摘む!

といった姿勢に見えることは一歩前進

と見なしてもよいのでしょう。


ですが、他方、特定野党は相変わらず

今回の防衛のあり方を指し示した大綱

整備計画に異論、反対し


特定アジア諸国におもねるかに聞こえる

発言をしているのです。

(いずれも、18日のNHK報道を参照)

● 立憲民主党・枝野代表
「いまなぜ、ここまで必要なのか、全く説明がつかず、多々、問題が含まれている中身だ。」
● 国民民主党・玉木代表
「護衛艦の空母化などの実際の運用がどうなるのか、具体的に縛るものがないので、従来の専守防衛を逸脱する疑念が拭い切れない。」
● 日本共産党・小池書記局長
「海外で戦争できる軍隊に変貌する計画で、絶対に許すことはできない。時代錯誤の危険な計画に厳しく反対し、撤回を強く求めたい」

でもね。

日本政府にはドシドシ前向きに進んで欲しい

と願うばかり。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ