オシマサ です。


今回は時事、産経などで見られたもの

韓国文在寅大統領記者会見10日に行われる

との話から、少々頭に浮かぶこと。


はじめに、こちらから。

文在寅大統領が何を語るか・・ですね。

見積もられる話題は日本への姿勢、言い分が

主体になる様子。


「おそらく」との推量の言葉は付きますが

一つは

韓国の言う元徴用工らが大法院の判決に従い

彼らの訴訟にある賠償を新日鉄住金に求めた件に

発するものでしょう。


これは今や、具体的に

韓国内の同社の資産を差し押さえる動き

(地方の法院へ申し立て)を伴い

日本側が1965年の日韓請求権協定に反する

と主張しているものです。


もう一つは

昨年暮れの海上自衛隊の対潜哨戒機に

向けた射撃統制用レーダーの照射の件に

なるのでしょう。


すでに

日本側は映像でもって、韓国の非を訴えています。


その後、それに反して言い訳にもならない映像を

韓国は4日、世界に向けて発信しています。


これらから、総じて、文在寅大統領は

韓国、韓国人特有と思われる唯我独尊の世界

(ファンタジー)を語ることは想像に難くなく


終始、支離滅裂、意味不明の言葉を発するものと

思われますが、いかがでしょう。


もちろん、その多くの発言の性格が

日本批判、中傷にまみれたものであることは

察するに余りあるかと。


そこで、拙は提案したいと思います。

「この際、トコトン、文在寅大統領は韓国の望む

唯我独尊の世界(ファンタジー)を語ってくれ!」

と。


いまだ、今の韓国と手をつなぎたいと考えるか

・・に映る日韓議員連盟などの政治家

経済界の親韓派の人々


そして、多くの日本人を覚醒させるためにも

大いに『大韓』を語り、日本へ毒を吐く

・・べきでしょう。


まさにこの方のツイートどおり。

韓国よ、やってくれ!

・・です。




そうすれば、こちらの方の主張も行いやすく

なりますからね。




長尾議員、がんばれ!


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)