トランプ大統領の訪韓後、韓国はミサイル弾頭部重量の制限解除を得た! 日本への脅威! 『玄武』を持つのだ!






オシマサの広場へ、ようこそ!


今回はトランプ大統領の訪韓後の話題を拾う。

その中に何とも刺激的なものが一つある。

韓国軍の持つミサイル弾頭部の重量制限の解除

ほかにも、韓国が米国から

原子力潜水艦、偵察機などを購入取得する

交渉の話題もある。


もちろん、これらも気になる部分だが

とはいえ

明日直ちにそれらが韓国に登場するわけではない。


ゆえに

それほど熱くなる必要はないと思う。


しかし

弾頭部の重量制限は少々話は違うだろう。


韓国は日本と違い、以前から

弾道ミサイルを持つとされる。

それは『玄武』と呼ばれるそうだ。


そして

これの射程は最大で800kmとも言われる。

しかも、自走できる!

・・とあるのだ。


韓国 ミサイル

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

釜山に配備

その気になれば日本に撃ち込めるだろう。


九州、中国地方は

その落下範囲にあたるのではないか。


そこで再び、弾頭部の重量の話に戻ると

今後『玄武』弾道ミサイルの威力は高まる

と捉えることが普通の感覚であろう。


爆装の量が増えるのだから・・


現在のところ、第一義的には北朝鮮へ

それらは向くとされるが

国際情勢の変化によっては

日本へ向くことがないとも言えまい。


つまり、今回のトランプ大統領の訪韓

あるいは米韓協議の結果を手放しでは喜べない

ということだ。


北朝鮮への対応能力を韓国が持ったから

と言ってもだ。


日本が諸手を挙げて

「万歳」

と言えるものではない。

降参につながるかもしれない!


それは意識すべきだろう。


他に心配するものを挙げると

韓国人、その関係者は「ウルサイ!」

と思うだろうが


米国の技術が、対北のために支援したものが

韓国を通じ、北朝鮮、中国に流れる。

それも大いに懸念されるのだ。


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ