国会、党首討論、安倍首相、あまりの立憲民主党など野党のポンコツさにあきれたか?



オシマサです。


今回は党首討論で頭に浮かぶことです。

安倍首相、もう相手にしても仕方なし!

と思ったのではないでしょうか。


一言で言えば、野党はどうしようもない

寄生虫でしょう。


役立たずですね。

ポンコツ さも

ここまでとは極まれり!

彼らには国家、その将来を考えるものが

一切ないとしか思われません。


モリとカケばかり、情けない。

立憲民主党はただ、安倍首相を

悪く言いたかっただけでしょう。


枝野幸男氏は

自ら思慮分別に欠ける人物として

身をさらしただけではないでしょうか。


北朝鮮対応策はどうするとか!


そのための防衛力をどのように考えるとか!


外国人流入によって

日本人へのしわ寄せが生じる

と思われる社会福祉に触れるとか!


破綻、間違いないと思われる年金とか!


考えること、問うこと、いっぱいあると

思いますけど。


ダメですね。


オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ